名誉ってナニ!

2013年12月 8日 (日)

モサド

議論を尽くさず法案を通してしまう民主国家・・・ 何のための参議院なのか・・・

のど元過ぎれば熱さを忘れる怖さがヅラの不具合に通じます。ヅラのジョイントの甘さに気を取られ、白髪と黒髪のバランスの変化に気付かない今日この頃、少ない毛を黒に染め過ぎてしまい元に戻すために再度染め直す切なさよ・・・

何故にそこまで自分を苛めるのか・・・ 毛サドであります!

「モサドをつくれ!」 党首討論で飛び出した石原慎太郎の“妄言” - http://news.nifty.com/cs/item/detail/gendai-000198971/1.htm

 野党7党の幹部が4日、有楽町で街頭演説し、慎重審議を訴えた。「絶叫はテロ」という自民党の石破幹事長によれば、これも立派なテロ行為。みんな逮捕されておかしくない。特定秘密保護法案とは、かようにおっかない代物なのだ。

 ところが、維新の会の石原慎太郎代表は、この日の党首討論で、法案の危険性を指摘するメディアの報道を「被害妄想」「流言飛語」と批判。「時代の需要に即応した必要な法律」と断じた上で、安倍首相に「祖父の岸さんに学んで、毅然として対処していただきたい」と注文を付けた。

■暗殺も平気のスパイ組織

 81歳の爺さんだ。時代感覚がマヒしているのは仕方がないとしても、驚いたのは、それに続く主張。「この法案を踏まえて、イスラエルの、私は非常に評価していますけど、小さくとも極めて優秀なモサドのような国家組織をつくるべきじゃないかと思います」と言ったのだ。

 モサドとは、イスラエル諜報特務庁のこと。対外諜報活動と特務工作をやっている。偽造パスポートを使用して任務に当たり、2010年にはパレスチナの軍事部門創設者をドバイで暗殺したとされる組織だ。当然、イスラム国家から目の敵にされている。

 石原は我々の税金を使って、そんな機関をつくれというのである。非合法な活動もどんどんやれというわけだ。

 立正大教授の金子勝氏(憲法)が言う。

「戦争ができる国家にするには、他国の情報を入手し、国内の批判を抑える必要がある。そのための特定秘密保護法であり、スパイ組織も必要だとの発想です。それにしてもモサドはない。彼らが反イスラエル勢力を弾圧し、次々と暗殺しているのは公然の秘密。それを日本にもつくればいいとは、本当に恐ろしい。日本を批判する人たちは抹殺すればいい、という考えが根底にあるのでしょう。もしも本当につくるようなことになれば、日本はもちろんアジア全域が血なまぐさい場所になってしまいます」

 石原だけの妄言であることを祈りたい。

麻生さんは、ナチスに学ぶべきと明言し諸外国の心象を損ない、デモはテロと言う幹事長、都知事は5千万借りて妻の銀行の貸金庫に入れたって言うけど、そんな5千万の現金が入るほど大きな貸金庫が日本の銀行に有るのですかね~ 実は金庫を沢山借りているんだよって言うんでしょうね・・・ で、前都知事がこんな比喩を使うとは小説家としての名誉を自ら毀損しているようなモノなのですがー 書いたことすら忘れているのかもしれません・・・・

そして、今回の秘密保護法案の進捗は、動物愛誤団体の手前勝手な情報発信を容認するが如く民力の劣化を象徴しているのであります。オカシナコトをオカシイと言えない世界では、ユニクロ倒産ですよー みんな裸の王様ばかりですからね~

当たり前のコトを当たり前に続けてイキマスよー 

オカシナ団体は、いくら着飾ろうが取り繕うがオカシナ団体に違いはないのであります。

    書かない方が応援メールが多いと言う現実!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

通過点

橋下共同代表は、辞意表明について”通過点である・・・”と語ったと言う・・・

橋下氏、維新代表の辞意表明へ 幹部らは慰留の構え - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130727-00000010-asahi-pol

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は参院選敗北の責任を取って代表の辞意を表明する意向を固めた。27日に東京都内で開かれる執行役員会で表明する見通し。石原慎太郎共同代表ら党幹部は慰留する考えで、結論を持ち越す可能性もある。

 維新は21日の参院選で計44人の候補を擁立したが当選は8人にとどまった。橋下氏は21日の記者会見で「勝ちではない」と述べ、進退は27日の党執行役員会で議論するとしていた。

 周辺によると、橋下氏は旧日本軍慰安婦をめぐる自らの発言などで党支持率が低迷し、参院選でのみんなの党との選挙協力が解消されたことなどが議席の伸び悩みにつながったとして、責任を取る意向を示しているという。

負け惜しみのように単なる通過点と言ってしまうのが新たな問題発言なのでアリマスガー こういう部分に配慮があれば今の日本ならトップも夢ではなかったのにねー 紙一重ですね~

選挙に絡めて・・・

直前に自民党から公認を取り消されたドッグトレーナー田辺氏について、UKCのタッズママからの意見・・・

皆様へ〜タッズ母より〜 - http://ameblo.jp/dog-rescue/entry-11575942793.html

UKCJAPAN
シェルター活動に 支援をしてくださる 国外国内の多くの皆様へ。

毎日の多大なるご支援に心より感謝申し上げます

さて、明後日の日曜日(21日)に 日本は参議院選挙投票日を向かえます

皆様におかれましては、多方面より既にお聞きおよびかとは思いますが遅れば
せながらこの場にて、田辺先生の立候補の事の顛末についてご報告申し上げます。

今回の参院選において、私達愛犬家愛猫家・動物保護活動ボランティアの立場から
ぜひ国政に政治家を!との想いが叶いUKCJAPAN代表 細 康徳の友人であり、訓練士の田辺先生が自民党公認候補として立候補することとなっていました。

私たちは安倍昭恵総理夫人(UKCJAPAN名誉顧問)にご相談をいたしまして
『動物の福祉問題だけに専念する動物のプロが政治家にいることは大切なこと』
と自民党の選挙対策委員の方々も、とても前向きに考えてくださり奇跡的にも、組織力も基盤も何もない私達に公認をいただくとこができました。
『殺処分0』を願い、身を削り、命削りながら保護活動をする私達の日本中の同胞たちもこの事は非常に喜んでいただけたと思います。

福島の警戒区域の動物達を迅速に救助できなかったこと、そして殺処分がなくならないことの根底には『法律』と行政があります。

これまでにもこの問題には取り組まれてこられた政治家の先生方もいますが、しかし
そこには『動物』のプロが不在であった現実があります。『動物問題』は後回しになってしまっていた現実もあります。その背景にはやはり『票』には繋がらないという考え、思い込みから、後回しにされてしまっていたと想像いたします。

昨年の動愛法改正も『無念』な結果となり、取り組まれた政治家には裏ぎられ心から 『日本の動物が安全に幸せに暮らせる法律』を願い頑張ってきた民意をいとも簡単に無視した改正に誰もが落胆しました。 

『今』 変えなければ 、、との思いから、
私たちは、20キロ圏内の動物救出に深くお心を寄せていただき、ご支援いただいておりました『玉置公良』(元衆議院議員)先生に、今回の参院選にて『動物福祉』掲げ、立候補をいただくべく準備を進めたのですが、残念ながら玉置先生の立候補が断念され、、玉置先生の選挙戦へのサポートとして頑張っていただいておりました『田辺先生』に立候補いただくこととなりました。

田辺先生は訓練士としての技術は世界的に評価されており、日本国内のみならず世界を舞台ご活躍され、現在は後進の若い方々の育成に力を注がれております。
地元ではやはり動物福祉や子供たちの育成にも尽力されております。
今回の立候補を見送られた玉置先生からも、犬のプロで人格者の田辺先生が立候補されたら良いですね、と有難いお言葉を頂き、田辺先生は『政治家になるために生きてきたのではないので』と、かなり悩まれていましたが、多くの方々の思いに決心してくださったのです。自分にできる事があるのならば・・・と。

『政治家になる』のは、誰にとっても思いもよらないことだと私は思います。

しかし田辺先生は 『殺処分0』を可能にするために、決心されました。
ヨーロッパで競技者として活躍され、ヨーロッパの国々を訪れる度に日本もヨーロッパの国々のような豊かに犬と人間が共生できる社会になれないものだろうか?・・・と常々感じていたそうです。

それからの活動は、決して簡単なものではありませんでしたが、田辺先生と細とそして多くの支援者の方々と心合わせ夢に邁進していました。
 『細さん私たちは自民党は嫌いなんです・・・・』と動物保護をされている多くの方からそんな声も多数お聞きしました。
でも、そんな方々も動物福祉を真摯に受け止め 折角公認までいただけたのですから『今回だけは自民党に』と 動物たちの為に思想までものみこみ、心寄せていただいた多くの皆様に私たちはどれだけ救われたことでしょうか。

「なぜ国政に、こちら側の立場の政治家を送り出さなければならないか?」
を疑問に思われる方々はたくさんいます。 

『日本の動物事情の劣悪さ』を国民の9割以上の方々が知らないという事実を今回の活動を通して私達も知りました。

国民の税金で『ペット達を殺す』・・・
一体どれだけの税金でどれだけの命の灯火が消されている事か!
更に、細かい法律 迷子犬が収容されてから処分される時間の短さ。
センターなどの管理状態・・・数え上げるとキリがありません。
同じ敗戦国のドイツが 同じ歴史の時間をアユミながら ドイツは『殺処分0』
ペットが生きる事が法律で守られています。

そして、政治の中にしっかり動物達も含まれ 政治家にも動物達の事に真剣に取り組む人
が居るのです。

自民党から公認をいただいたとき『日本の夜明け』がやっと来たと大変嬉しく思いました。

しかし、一言で解決するには無念な事が次から次へと起こり、某週刊誌には捏造された記事に苦悩させられ、心掻き乱されてしまいました。

某週刊誌の記事は、悪意に満ちた、田辺先生に逆恨みをもつ外道からの誘導によるもの。

田辺先生、細康徳は、某週刊誌には法的な措置を行っています。

人を陥れる行為がここまでできるのか?と同じ人として残念で仕方ありません。

そして自民党内部に見え隠れする派閥闘争を身近に肌で経験しました。
安倍昭恵さんは、ずっとずっと励まし支えてくださいました。

某週刊誌記者が最初に取材に来た時にこのような事を言われました。
「正直、細さんや田辺さんをどうだこうだと言う事はないです。昭恵さんからの推薦と言う事がネタ・・・」だそうです。

純粋な思いで立ち上がり、ぶれずに全力で戦おうと、選挙戦に身を投じた候補者を
極悪卑劣な手段で捻り潰す、目には見えない影の力。これが日本社会の歪み。
こんな事が許される日本だから、被災者は未だに苦しみ虐め自殺天国、殺処分国家のまま。残念でなりません。

私達は安倍総理ご夫妻への感謝の思いは絶えません。

間もなくの選挙を控え、喉から出かける一つの屈辱を露出させてしまいたいのですが、
安倍総理夫妻、そしてずっと田辺候補者の立候補を声援してくださった
吉田代議士への感謝の思いに代えて今は耐えます。

選挙活動中、日本中の方々から、激励、支援をいただきました。

最後まで公認の辞退を強要されながら田辺先生は、身の潔白の証明し、夢の実現(殺処分0)する為にも断じて辞退はしないと、卑劣な圧力を拒否されました。
自民党は、週刊誌や細さんの事が理由ではないと曖昧な話を持ちかけ、最終的には「候補者の元暴力団組長との関わり」と記者会見までされました。はてさて、そんな事は公認を頂く前から公然とした事であり、では、自民党という政党は公認する候補者の身辺調査など一つもしていないのか?と大変疑問に感じます。細の前歴については出版されている本にも書かれていることなので、そんな事は知らなかったと自民党のお歴々が言われるのであれば、どうにも呆れ果てた方々としか言いようがありません。
もう一度言います。細康徳が元暴力団組長である事実は公認前から公然とされています。
あまりにも意味曖昧な、不当な取り消しに愕然としましたが「公認するも取り消すもこちらの自由」の意味合いの発言を選挙対策委員会から通達され同行していただいた、弁護士も驚いている状況でした。

公認を一方的に取り消された後でも、ご支援者は田辺先生が選挙に挑まれることを応援してくれています。
しかし、私達は今回の事を大きな教訓として受け止め、また更なるステージへと向かいます。

動物愛護に軸足をおいた「政治家」を国政に送るなんて大それたことを・・・と各方面より批判もありましたがこの国の動物を守るには法律の整備しかないのは誰もが思っているはずです。


今回、矢面に立ってくださった田辺先生に私達は心から敬意を表すとともに、これからもその活動を支援させていただきたいと思います。
そして、今回の活動にご賛同いただきました大場久美子さんをはじめとした、日本中の支援者の皆様の本物の愛護の心に、深く感謝いたします。

UKCJapan代表 細 康徳はこの度の人権侵害とも思える自民党からの批判に屈することなく頑張って参ります。

社会の皆様をお騒がせ、ご心配おかけしました事を深くお詫び申し上げます。

これからも、UKCJapanは日本動物事情改革に取り組み、その実現に向けて全身全霊を込めて活動してまいります。

なかなか読ませる文章なので、最後のお決まりのガンジーさんの言葉以外を転載致しました。

元はと言えばー ファーストレディが、元暴力団と知りつつ支援表明したことが問題です。動物愛誤関連と反社会活動を続ける方々との親密度は推して知るべしなのでありましてー トラブルの元凶なのであります。

案の定、ドッグトレーナーの方は人権侵害だー 訴訟だー と叫ばれておられます。

動物愛護に関わる方々は本当に裁判が好きなのですね・・・

また、

芸能人のステマ騒動の際、意見を求められた彩姉さんは”私はブログにウソは書かない!”と宣言されてから、某愛護団体の記事をごっそり削除されましたからねー 1100万強の損害賠償請求を受けている私としては、資料探しに四苦八苦なのであります・・・

結局芸能人にしか興味ないんだね - http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamaguchihiroshi/20130515-00024975/

有名人の責任というと、別居の親族が生活保護を受けていた芸能人が「不正受給」と指弾された話を思い出す。あのときは政治家まで出てきて、生活保護制度の見直しの議論にも影響を与えた。もちろんその背景には生活保護制度やその受給者に対する不満があったのだろうし、芸能人以外にも不正受給のケースはあったのだろうが、それにしても、高収入の芸能人の親族が受給者であったという話をことさらに強調することで、生活保護制度自体を使いにくいものとする方向の議論に拍車がかかったのではないかと思われるふしがある。もしそうだとすれば、これは単なる芸能ネタですまされる話ではない。

似たようなことが、件のペニーオークション詐欺に関する芸能人のステマ騒動のときにもあった。落札できないしくみのところで落札したかのような記事を書いているという意味で、かなり悪質という批判があるのはわかるが、そうした責任論は、彼らが持つ社会的影響力を前提としたものであって、そうしたケースを引き合いに出して一般的な法規制を主張し、すべてのネットユーザーを法的リスクにさらそうとするのはやはり過剰だと思う。

いずれにせよ、今回のことで改めて、「みんな芸能人が大好き」で「芸能人のスキャンダルはもっと大好き」であることがよくわかった。わかったからせめて、そういう「特殊な人々」の特殊な例を引き合いに出して社会全体を動かそうとするかのような言説は、多少なりとも社会的影響力のあるマスメディアとしては、お控えいただけるとありがたい。

過ぎてしまった所業も”単なる通過点さ・・・”とつぶやく当事者は馬耳東風!しかーし、振り回された人々は簡単には済まされないのでありますよ~ 

先日、家内に新しい植毛のサンプル(部分的に頭皮に毛が面として存在する植毛)を見てもらったらー 「生え際一帯が、面・・・・ ツウか点やね・・・」と冷静に評価されました・・・・

選挙同様にトウヒが重要ですが、気持ちが逃避する土曜の朝なのであります。

    モーすぐ第一回目の公判です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

選挙

近所の投票所の受付には、顔なじみばかりであります。誰がどこに入れるのかは、アルバイトの出口調査なんかより明白であります。

なので、私は創価学会員ではないが公明党に入れる素振りを見せつつ、共産党がネーミングを”レッドハート”とか”赤い衝撃”とか”正義のレッド”とかにすれば躍進できるハズだと吹聴しております・・・

参考までに・・・

言論NPO ”参議院選挙立候補者アンケート 「あなたは政治家として何を実現しますか」分析結果報告” - http://www.genron-npo.net/politics/genre/2013/post-466.html

アンケートでは候補者が政治家に当選した時に実現したい課題や、日本の政党政治の今後、さらには今回の参議院選で争点とされるアベノミクスの評価、財政再建目標の達成可能性、原発再稼働、社会保障制度や水田農業の今後、尖閣諸島で日本がとるべき対応など、26問にわたって聞いている。

そして、

376562_3979526481862_224279240_n


祈るしかない・・・ (2012.7.6 於:官邸前 佐藤哲郎さんの写真です!https://www.facebook.com/tetsuro.sato1 )

そして、民衆の声・・・

992787_405223279589027_949497121_n


原発同様に”愛誤団体”もいらない・・・

     動物愛護団体もその存在を懸けて選挙をすべきだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

デリカシー欠如

私が平地でつまづく度に”ケガ無くて良かったねー!”と言うヤツ・・・

平地でつまづいている時点で傷ついているのに、輪を掛けて余計なコトを言う・・・

そして、この老害も・・・

「あまりいい気分しない」 「妾」発言で横田滋さん - http://sankei.jp.msn.com/world/news/130713/kor13071319550005-n1.htm

日本維新の会の石原慎太郎共同代表が12日の街頭演説で、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=が「非常に日本的な美人だから、誰か偉い人のお妾さんになっているに違いない」と発言したことについて、父の滋さん(80)は13日、「あまりいい気分はしない」と不快感を示した。東京都内で記者団の質問に答えた。

 同席した古屋圭司拉致問題担当相も「私としては首をかしげたくなるような発言」と述べ「これ以上は選挙期間中なので申し上げない」とした。

横田さんは人間が出来ているので不快感を示すに留めていらっしゃいますがー これが、動物愛護団体ならば名誉棄損モノなのであります。損害賠償額にすれば優に2000万円を超えるでしょう・・・・

しかーし、維新の会は何故自ら自分の首を絞めるコトを平気でノタマウのでありましょうか・・・

デリケートなココロ遣いが出来ない様では応援演説する資格がナイし、応援される方もイイ迷惑なのであります。

新たな勢力としてリードするつもりが、2トップの言語チャージで失速・・・ ノーリードと言えば・・・

痛っ!厳格に犬の公的殺処分を行っているドイツベルリン州を「殺処分ゼロ、地球でイチバンペットに優しい街」と報道したNHKー2 - http://eggmeg.blog.fc2.com/

 郊外でも、長いリードをつける犬の飼い主たち。ドイツルールがあるからです。ドイツルールとは、ドイツ狩猟法では、狩猟区域内で民家から300m以上離れていれば、犬猫は飼い主がないものとみなされ、ハンターに狩猟駆除することを求めていることです。犬は牧羊犬と猟犬以外は、狩猟区域内でノーリードであれば「飼い主なし」と見なされて、ハンターに撃ち殺されても文句を言えないからです。ドイツでは、ノーリードであったため、飼い犬を撃ち殺したハンターに対して、なんら責任を問えなかった裁判例が多数あります。
 「ドイツで犬はノーリードで公共の場に出すのが普通」と言うのは明らかに偏向で誤りです。

2年4か月前の震災が無ければ、その時点で経営破たんで消滅いたハズの動物愛護団体が今も存在するデリカシーの無さ・・・ 自己愛護に賢明な分、真剣に愛護活動に尽力すれば自ずと人・モノ・カネが集まって来るのにねー 

     私のデリケートな部分は頭皮です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

アン・ルイスの「あゝ無情」と現実

♪ サングラス外したら吹き出しちゃうほど~

あどけない目をしてるアンタに弱いの

裏切りは直らない 手錠をかけてもー

甘え上手にトドメ刺されて

街に霧が降る・・・・

湯川れい子さん作詞のアン・ルイスさんが歌う「あゝ無情」の一節であります。

アン・ルイス ANN LEWIS - あゝ無情(STUDIO LIVE 1986)  - http://www.youtube.com/watch?v=LBiJKGagpMU

感謝の気持ちは忘れていません・・・ モチロン恩讐も・・・・

アンルイスさんの署名運動への感謝と、誹謗中傷にまつわる話。 - https://www.facebook.com/notes/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%81%AE%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%9F%E3%81%A1/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E7%BD%B2%E5%90%8D%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%A8%E8%AA%B9%E8%AC%97%E4%B8%AD%E5%82%B7%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8B%E8%A9%B1/557148304337617

4000人以上の署名をいただきました。
それは福島の裁判所に届けられましたが、裁判長は却下して受理しませんでした。
膨大な量の証拠を弁護士は作成しました。
しかし、受け入れられたのは、たった2枚の、嘆願書だけでした。
判決は、8月2日におこなわれます。
みなさん、ありがとうございました。

受理されなかった理由は・・・ 良く考えたら分かるハズなのですが・・・ ありがとうございました。

現実の厳しさは、それを受け留める勇気が無ければ乗り越えられない・・・

香川不発「今の現実を受け止めてやらなければ…」 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00000004-spnannex-socc

イタリア戦でゴールを決めた香川だったが、メキシコ相手には不発で終わった。「次はない中でのゲーム…僕たちのサッカーができなかった。応援してくれたファンに申し訳ない」とショックは隠せない。

 「ブラジル、イタリア、メキシコ…いいチームだった」と1次リーグで戦った相手の力を認めつつ「今の現実を受け止めてやらなければ…もう1年しかない。1人1人が成長しないと厳しい」とW杯本大会へ気持ちを新たにしていた。

同時進行で行われたブラジル対イタリアの試合はまさに、パワーとテクニックががっぷり四つに組んだあっと言う間の90分・・・ 結果は、4対2でブラジルの勝利でしたがー イタリアは中盤の要のピルロが出場停止でしたからね・・・ 次やったらどちらが勝つか判りませんよー

日本は中盤が走らないのでパスを誰も受理デキマセンでしたねー 出場停止だった長谷部選手の価値が高まっただけの試合でした。本田選手もいつも肝心な時にボールを奪われる癖を無くせばセリエAで活躍できるのですが・・・・

チームの「格」を感じた3連敗…本田「勝ち方が分からない」 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-01120708-gekisaka-socc

 日本の組織的な守備を無力化する個の力。それが、試合の流れを決定づけた。「DFの個というのは、体格差もあって攻撃陣の個よりも難しいのでは?」。報道陣がそう指摘すると、「そういう面で見れば難しいけど、小さい体でいい守備をしている国もある。そういう事例もある」と一蹴。そうした個の集合体がチームとなり、「格」が生まれると本田は言う。

「このレベルで、この緊張感の中でやってこそ、自然と『格』が上がっていく。自信の差が『格』になる。百戦錬磨というか、イタリアはあんなにバテていても勝つ。負けられないプライドがある。僕らは練習でやったことを100%出そうとしている。でも、勝ち方が分からない。あれだけ圧倒しても、向こうが勝つ。点が取れない。そこが『格』」

求められるのは、動物愛護団体の品格・・・

組織より、個が重要です。過去の悪事は”済んだコト”と簡単に済ませるココロの広いお方はファーストレディくらいのモノです。本人がいくら更生したと自己申告しても無意味なのであります。大切なのは、加害者より被害者の心情なのであります。

H264_償い 「主 文 被告人両名を懲役3年以上5年以下に処する。」  - http://www.youtube.com/watch?v=MzNeMZqNwL4

動物愛護活動に携わり・・・ 関わったが故に、ココロに深い傷を負う人が増えるばかり・・・ 確かに殺処分される犬猫たちの数は10年前の半分になりましたよ・・・ でもねっ・・・ て話であります!

動物愛護を叫ぶ方々は、クリーンで正直でオープンであって欲しい・・・ そうあるべきなのであります。まるで選挙の候補と一緒ですねー

    W杯までアト一年、監督の個の資質が問われます・・・

PS:間違ってもタヒチと親善試合してから帰るとか言わないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

安全文化とは安全分化なり

「原発ゼロ」を目指す話が現政権で白紙に・・・ 新しいエネルギー白書が閣議決定されちゃいましたがー その中に”安全文化”というマヤカシが登場です!

「原発ゼロ」転換を鮮明に 責任ある政策構築 12年度版エネ白書 - http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130615/mca1306150701010-n1.htm

 原発については、安倍首相による2月の施政方針演説を引用し、「原子力規制委員会の下で妥協することなく安全性を高める新たな安全文化を創った上で、安全が確認された原発は再稼働する」との方針を強調した。

”安全性を高める新たな安全文化・・・”

どんな文化なのでしょうか~

福島県二本松市で子供200人が民間で甲状腺検査をした結果、かなりの割合で福島県とは違う結果が出た - http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11552352326.html

  「阿部理事 : 甲状腺検査については今後必ず誤診が出ると

   考えている。その際の賠償の問題が生じる。

   現状では個人の賠償請求保険しかない状態であるが

   本来は医大が責任を持つべき問題だと思う。

   個人が訴えられないように対応をお願いしたい。

   藤島理事 : 甲状腺検査の賠償責任保険は、個人で加入されて

   いるのとは別に入って頂くことにしたい

   組織として加入する保険料については県が負担するのか

   藤島理事 : 県民健康管理センタの予算で支払うことになる

   と思われる。また県民健康管理センターにはリーガル部門が

   必要であるので、体制作りを検討している。」

  後日、県との合意によって保険料は税金による基金で賄われる

  ことになりました。

誤診の際の損害賠償を保険で賄うのも”安全文化”なのでしょうか・・・ しかも、その保険料は税金を使うと言う・・・

そして、”誤審だー!” とテッペンまで行って司法に返り討ちにあった愛護団体は、損害賠償を支払うコトが決定しましたが、その損害賠償は寄付金から賄われると言うのも”安全文化”なのでしょうか・・・

最高裁からの通知 - http://hdp-genkoku.net/

新規でお越しの方々が増えております。
エンジェルズの実態を、ご理解する参考として裁判記録・資料・エトセトラ等を是非ご覧ください。

これらは、虚偽でも何でもなく、裁判の証拠として法廷で明らかになってきた事実ばかりです。

高島の戦いと私達の裁判を、誹謗中傷・動愛法改定の足かせと断じる愚かな芸能人もおりますが、果たして知名度が高いだけで信用に値するでしょうか。このような人間の流言飛語に惑わされないでください。
        自社ブランドの宣伝をトップに張り付けている等、利権がらみの見え透いた行為です。
すでに真の動物愛護を語る資格はありません。
        私達は、ごくごく平凡な生活をしている無名な人間の集まりです。過激派でも何でもありません。

        実直に一社会人として、まじめに暮らしてきている者たちばかりです。
        従いまして、この裁判において注目を集めたとて、なんら実生活で利益を得るものは一人もいないのです。
エンジェルズに関わったばかりに、傷ついている人間、迷惑を被っている人間たちの声なき声を発信する場として、この裁判が果たす意味は大きいのです。
このサイトの全てをご覧になってくださり、裁判の意義をご理解賜れば幸いです。

重要なのは、主語でありましてー 原発に関しては、自民党にとっての”安全文化”であり、甲状腺の検査に関しては、病院にとっての”安全文化”であり、動物愛護団体に関しては、我がのフトコロにとっての”安全文化”なのであります。国民や子供たち、行き場のなくなった犬猫達の”安全文化”は”安全分化”されているのであります。

自己正当化のタメに”文化”と言うワードを使うボキャブラリーの乏しさに、我がの頭髪を重ねてしまう切なさが儚い行く末を暗示いたします・・・

で、従軍慰安婦、オスプレイ、ときて次は何かと期待を抱かせる大阪市長様は、朝令暮改も自然な行為として受け留められている・・・

橋下徹の一人漫才… - http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki2594/MYBLOG/yblog.html

住民に(受益と負担について)選択してもらう。これは住民自治の大原則だと思う」…って

しっかりはっきり言うてますわね

そんで、次の記事のこれまた最後に、

「(選択制をやめて)一律に全員(給食)というルールを作ってもいい」…って言うてるでしょ


記者に、「住民に選択してもらうのが住民自治の大原則だ」…といいながら、おんなじ日の別の場所で

記者に、「(選択制をやめて行政が)一律に全員…というルールを作ってもいい」…という徹ちゃん…

これって、絶対、一人時間差漫才してると思いませんか…?

(ぼくにはそうとしか思われへん…)


かくして、徹ちゃんは大阪市長の仕事をやってるのか、一人で一生懸命漫才をしてるのか

ようわからん人…ということで、やっぱりよろしいですよね…?

大阪市長の文化を理解できるのは、大阪市の住民だけなのでしょうか~

覆水盆に返らずです・・・

水道橋博士、生放送中に番組降板…橋下市長の発言にブチ切れ - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130615-00000032-dal-ent

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が15日、テレビ大阪のトーク番組「たかじんNOマネー」に出演した。

 同番組で1日の放送時、橋下氏の発言について視聴者電話投票を実施した際「問題なし・7713票」「問題あり・2011票」との結果が出たことについて橋下氏は「やはり有権者の方は冷静だなと。小金稼ぎのコメンテーターとは違う」と居並ぶコメンテーター陣に勝ち誇ったように述べた。

 これに対し、コメンテーターとして出演しているお笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士(50)は番組後半で「橋下さん、冒頭で小金稼ぎのコメンテーターと言われたんで、ぼく今日で番組降ろさせていただきます」とぶぜんとした表情で席から立ち上がり、「(小金稼ぎとは)違います。それでは3年間、ありがとうございました」と右手を挙げてスタジオから退場した。

 橋下氏に対し、コメンテーターでジャーナリストの大谷昭宏氏が「小金発言を訂正される気はないですか?」と聞くと橋下氏は「ないです。ぼくに対しても批判はあるわけですから」と返答した。

 水道橋博士は、この日の生放送後は22日放送分の収録を予定していたが、参加せずにそのままテレビ大阪を去った。報道陣から「本当に降りるのか」と問いかけられると「はい」と厳しい表情で返し、車に乗り込んだ。

もうねー 取り返しのつかない処に達してしまいましたね~ こうなったら島田紳介さんに応援演説してもらうしか手はナイのかも・・・・

     文化を神話化する首相ライター諸兄の稚拙さが、この国の未来を裏付ける・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

罪の意識

罪の意識を持たなければならない人が持たず、持たなくても良い人が持つ矛盾・・・

「俺らはわかってる。だから私は食べない」「自分の子供に食べさせたいと思わないでしょ?」「風評じゃない!根にも葉にもある」6/6東電・政府交渉 - http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3038.html

あとひとつ言っておく事があるんですけれども、
福島県は農作物は出荷の前に全部検査しないと出荷できません。
今は100ベクレル以下っていう事になっていますけれども、
農家は、計測している私は分かりますよ、これが何ベクレルあるって。

放射能は、要は100ベクレル以下だったら出荷できる訳ですから、
私は食べませんよ。

買って食べている人は、「放射能は無い」と思って買って食ってるっぺ。
どうなのよ。
俺らはわかってるんだよ。
罪の意識があるんだ、作ってたって。

自分は食わねぇけど、他人に食わせてるの。
どう思いますか?ちょっと答えて下さい。

自民党は2030年に原発を無くす道筋を白紙に戻すと言う・・・ 

ツイッターで暴言(本音)吐いてた参事官も罪の意識は皆無でしょう・・・

モチロン、愛誤団体にも罪の意識などカケラもないでしょう・・・

日銀総裁が代わって2ヶ月・・・ 結局、元の状態になってしまいましたねー 量的緩和をこれ以上続けてもダメージが深まるだけなんですけどね~ ギャンブルでヤケクソになっているオッサンと一緒の状態です・・・

哀しい成長戦略。- http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20130607-00025500/

簡単な話、アベノミクスで日本経済が復活しようと、ある特定の個人の経済状況がよくなるとは限らない。よくなる人もいれば悪くなる人もいる。しかし、この単純な理屈がわからず、日本がよくなれば自分もよくなると思い込んでいる人間が多い。そういう人間が「国家破産はない」「日本経済は世界一」などという幻想を信じている。しかし、国家によって裏切られるのは、真っ先にこの手の人々だ。

加害者なのか被害者なのか、分水嶺の上にいることさえワカラナイ哀しい成長戦略・・・ 動物愛誤団体の話なら簡単だが、政権となると複雑であります。参院選は罪の意識のアル処に投じなければ大変なコトになる予感・・・

    今日も罪の意識からヅラを乗っける・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

のど元過ぎれば・・・

震災から2年が経過・・・

保健所の施設に囚われの身の犬達・・・ 処分機に運ばれる犬達・・・ 命を蔑ろにする現実に憤り・・・ 哀しい犬達の姿・・・ 新しい家族に迎えられる犬と人間の笑顔・・・ 保護施設で懸命に介助するスタッフの姿・・・

この一連の流れで新たな動物愛誤団体の信者が生まれます・・・ 動物愛護に目覚めて日が浅い方は仕方アリマセン! しかーし、この動物愛護と言うキーワードを免罪符にするビジネス愛護とコツコツ身の丈で続ける愛護活動との違いを見抜くのは、PM2.5を実際にこの目で見るくらい困難なのであります。

信じる者が居て儲けになるのであります。震災で好景気を迎えた愛誤諸兄は、儲けが費消されたが故に原点に戻ってビジネス愛護のルーチンを繰り返すのであります!

for example センターからの救出 - http://angels1947.blog104.fc2.com/

福島原発被害の犬達 - https://www.facebook.com/fukushimaanimal

星さんが何も理由なく拘留されている事実を出来るだけ広めてください。星さんが長期拘留されているのはネット詐欺の為という噂が流れておりますが、もし「ネット詐欺」があれば、すでに立件していますし、取り調べは終わり、裁判を待つだけです。星さんがすでに発表しているとおり、公安警察の担当する政治的事件として位置づけているから、長期勾留が続いているだけです。

”公安警察の担当する政治的事件”なのですね~ 星の輝きが眩しすぎて本質が見えませんがー ”何の理由もなく拘留”はされないと思いますが・・・・

愛誤諸兄の皆様、海外に救いを求めるのもそろそろ潮時なのではないでしょうか!?

英国ミラー紙から - http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-1080.html

弁解の余地ないと思うけどなあ。
行政も、どうせ「注意勧告」だけなんでしょ。

ここ、リスト集作っててまともな個体情報が出てなくてほんとに困ったんだよね。
代表に問い合わせたら、「忙しいからそんなこと出来ない」とあっけらかんと言われた。
これが震災に関わるものの言いぐさか?捕獲数を自慢するばかりで、飼い主に戻すことなんてどうでもいいという様子だった。
やっと集めた情報の第三便掲載猫の死亡率は20パーセントだった!
被災年の秋、5頭に1頭が亡くなったのよ。保護後予防接種もしてもらえなくて体力落ちてね。
猫ベットどころか猫トイレもなくて、移送用の狭いケージにシーツ一枚だけ。画像と同じ。弱るわけだよ。
パルボウィルスだったそう。ただの猫風邪のこも瀕死だったそうだ。それがいまも繰り返されてるかも知れない。
まともじゃないよなあ・・・他にも保護されているコたちのことを考えると書けないことがある。
冬場、あの極寒の土地で暖房なんてどうなってるのかしら。
動物にも、絶望という思いはあるだろうか。

イギリス人、動物愛護後進国の日本の動物愛護団体は、どこもこんなもんなんておもっちゃたりしてなあ。
不器用なところはあれ、みな頑張ってるのにね。

つか、ここは、愛誤ってやつか。一緒に写真展やってたとこは逮捕された。

震災後2年経とうが経つまいが、愛護活動を続けている方はその前からズーッと継続しているしこれからも身の丈で続けていくでしょう・・・ 私が出入り禁止の青葉台駅前のペットショップでは、”新春セール”と銘打ってシーズーやトイプードルが50万円のところが半額の25万円で販売されております。そして、それに群がる若葉マークのペット大好き人間たち! 愛誤団体の信者予備軍であります・・・

また、同じコトの繰り返しにならない様に、スタッフに紛れ込んで”飼養がどれ程の覚悟が必要か!”説いて回ります!出ていけーと言われるまで・・・

  家内の顔を見ると食事がのどを通らない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

”不正は金額の大小ではない!”NHKがパッキャオ特集

ようやくの感あり・・・

世界でボクシングと言えば、このパッキャオを語らずにはおられませんよ~

NHKスペシャル "世界最強"伝説ラスベガス 世紀の一戦 - http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0127/index.html

ボクシングの本場アメリカで6階級制覇(体重差20kg)という前人未踏の偉業を成し遂げたマニー・パッキャオ。身長167センチの小柄なフィリピン人は、目に見えない高速の左ストレートを武器に、自らよりも上の階級の黒人や白人選手を次々に倒し、アジア人として初めてアメリカでスーパースターの座に上り詰めた。1試合で2千万ドル(約20億円)を手にし、世界で最も稼ぐスポーツ選手の一人でもある。
そんなパッキャオに転機が訪れている。フィリピンのミンダナオ島のジャングルで極貧から身を起こしたパッキャオ。自らを“出稼ぎ国家”フィリピンの一員と位置づけ、様々な形でファイトマネーを祖国に還元してきた。金銭的支援にとどまらず国会議員にも立候補、政治家として貧困と立ち向かう。しかし、その二足のわらじが、ボクサーとしてのパッキャオを追い詰めている。ここ3試合、かつてないほどキレを失ったパッキャオ。引退もささやかれる中で、12月に行われた、宿命のライバル、ヒスパニックの英雄マルケスとの世紀の対戦。試合はボクシング史に残る死闘となり、衝撃の結末を迎えた。「近代ボクシング200年の最高傑作」と言われるボクサーに密着。自らの拳で貧困と闘い続ける男の姿を描く。

本日、21時からの放映です!

母親を家族を養うために”正当な手段で金を稼ぐ”ことが出来る!と彼が選んだ道がボクシング・・・ 不正が横行するフィリピンにおいて”金額の大小にかかわらず賄賂や不正は有ってはならない”と国会議員として活動を続けるパッキャオ・・・

日本の政治家には料亭のでの会食を後回しにしてでも観て欲しい番組なのであります!

    貧困な家庭の子に教育のチャンスを与え続けるパッキャオの爪の垢で煎じたお茶を”愛誤”団体のリーダー各位にがぶ飲みして欲しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

鳥か飛行機か・・・スーパーマンか~  その鳩を除染しろ~

ホントにどうしようもないのであります・・・

尖閣諸島「係争地認定を」=鳩山元首相が中国側に主張 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130116-00000190-jij-int

 【北京時事】中国を訪問した鳩山由紀夫元首相は16日、北京で賈慶林全国政治協商会議(政協)主席や楊潔※(※=タケカンムリに褫のつくり)外相らとそれぞれ会談し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題などで意見交換した。取材に応じた鳩山氏は尖閣諸島が「係争地であると互いに認めることが大事だ」との考えを中国側に伝えたことを明らかにした。
 日本政府は領土問題は存在しないとの立場で、鳩山氏の発言には批判が出そうだ。鳩山氏は田中角栄、周恩来両首相が1972年の国交正常化に当たり、尖閣問題を「棚上げ」したとして、こうした「認識」に戻ることが必要だとの考えも述べた。賈氏らは鳩山氏に同意したという。
 

どの政党にとってもこの鳩はやはりガンなのであります。

火に油を平気で注ぐその神経が理解できない・・・ ワザと国益を阻害しているとしか思えない・・・ 

    ポッポと帰ってきなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧