書籍・雑誌

2011年9月22日 (木)

”たけしくん”のガイドライン

夜なべして補修の甲斐なく・・・

2011092117000000  リビングの電灯の隙間から滴る雨水・・・

そして、溜まっていく雨水・・・

2011092116540000  びちょびちょです!で、もうすぐ家内が帰ってきます・・・

このままでは、家内が帰宅した瞬間にまた外で補修しなければなりません・・・ 今度は直るまで家に入れてくれないと思われます・・・

なので、どうせこの台風の中やらねばならぬのであれば・・・ と開き直って補修は後回しにして、現状 滴り落ちる雨水を受け留めるコトに集中尽力いたしました。鍋や茶碗で受け留めますとパンとかチンとか風流な音が奏でられるのではありますがー 何せこの空間に犬達が4頭、いつ散歩に行けるのか!とてぐすね引いて待っている状態なのであります。足の踏み場も無いくらいに鍋や茶碗を並べてしまいますとー ひっくり返されるのは必然のコト・・・

湿気覚悟でバスタオルや手ぬぐいを総動員させて何処から落ちてきても対処できるように致しました~ 

たけし「暴力団との関係全告白」紳助と違い、これはセーフなのか・・・ - http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=20110921jcast20112107917

10年ほど前には、ある芸人の策略で山口組5代目組長に無理やり会わされた。また、稲川会からのプレッシャーで総裁との面会を断れなくなり、「新潮45」の02年5月号で対談したこともあった。

   いずれにしても、たけしさんは、「仕組まれた面会」であると言う。

   さらに、紳助さんとの違いも強調した。暴力団に仲介を頼んだり、お金を払ったりしたことはないというのだ。

   フライデー襲撃事件後の1987年には、紳助さんのように右翼の街宣をかけられたことがある。事務所や警察も動いてくれなかったことは同じだが、たけしさんの場合は、その関係先の暴力団に1人で行って組長に土下座して謝った。この点が紳助さんとの違いで、「タレントとしてそういうのを上手くやって逃げるのも本人の芸」と言っている。

面会を仕組んだのは言わずと知れた 中田カウス さんなのですがー 5代目は、怒ったらしいですねー 先ずビートたけしさんに「一緒にいるところを写真に撮られたらどうするんだ!早く帰れ~」そして、カウスさんには「こんな席に呼んでどうするんだよ!何かあったらお前どうやってケツ拭くんだ~」

暴力団を擁護する気はゴザイマセンがー この5代目に関しては、武勇伝よりもリーダーとしての資質が垣間見られ、私の友人も阪神淡路大震災の時にこの山口組の本部が炊き出しをしてくれたおかげで助かった・・・ と未だに申しております。抗争用に備蓄していた食糧を開放し近所に声を掛けて食を振舞った事実は殆ど公表されません。私は4代目が江坂で殺された時、そのマンションに住んで居りましたからねー これから先どうなるのか不安でしたよー 警備の警察の方に「大丈夫ですかね~」って尋ねたら初老の警官が「大丈夫、次はしっかりしてる!」って言ってました・・・

週刊文春に展開するこの”たけしくん”のパフォーマンスは、先に不利な情報を流してそれ以上の追求を阻止しようという作戦であるコトは明白なのであります。そして、10月1日の暴力団排除条例に向けての芸能人のガイドライン作りに動いた訳であります。

たけしさん所属事務所のオフィス北野では、文春の記事について、「書いてある通りで、これが関係のすべてです」としたうえで、こう説明する。

「いかに降りかかった火の粉を振り払うかを正直に語っているだけで、正当化しているわけではありません。暴力団に土下座するのは問題がありますが、そこまで追い込まれてしまったということですよ。分かりやすい言葉で脅迫してこないので、警察への告訴といった一筋縄ではいきません。そのときは弁護士も立てていたんですが、らちがあかない状態でした。問題を簡単に解決できるなら、すでにやっています」

この薄氷を踏むようなアクションは”たけしくん”ならでは・・・ ショーケンには無理でしょう・・・ 

ショーケンと言えば、ケンネル絡みの事件はナゼか報道規制が掛かって表層部分のみの情報に終始していましたが、今後は徐々に明らかになるでしょう。”たけしくん”のガイドラインは、仲介を頼んだりお金を払わないコト! 動物愛護でもこのガイドラインは通用するのではないでしょうか・・・

被災地への保護アクションプログラムが下火となり、会計報告に目が行くのを逸らすタメ勉強会に報告会、新たな署名活動に新政権へのアプローチ・・・ 半年経っても保護情報を出さない愛護活動には意義も価値もゴザイマセン!寄付先は明確に発表していきます- と宣言していたお料理研究家の先生の某基金も 結局ケーキを買わねばならぬ始末・・・

”エム牧場”さんは、希望の牧場 と関わらない方が支援や協力が集まるかも・・・ 頼んでもいないのに頼まれたことにされちゃうなんて・・・ 

バタン!と大きな音がしたので強風で何かが壊れたのかと思ったら、全身ずぶ濡れの家内の帰宅でありました。目が完全にテンパッております・・・ 台風の日の家内から身を守るガイドラインは私が外に出るコトなのでしょうか・・・・

Google アニマル・ファインダー - http://japan.animal-finder.appspot.com/

MSN 被災地ペットサーチ - http://eastjapaneq.jp.msn.com/petsearch

猫と財布に優しい生活 - http://plaza.rakuten.co.jp/tappo/diary/?ctgy=47

どうぶつ救援本部 オフィシャルサイト リニューアル - http://doubutsukyuen.org/

東北地震犬猫レスキュー.com - http://tohoku-dogcat-rescue.com/

人気ブログランキングへ   希望には希望を・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)