« 「コントロール」に「克服した!」・・・ 制御不能に挫折した! | トップページ | 愛護偽装2 »

2013年10月27日 (日)

誤表記なら偽装じゃないの!

とある愛護団体の代表は、勝手に”大阪市公認第一号”って名刺に書いたり、前職では”私は偽物を本物と偽って販売したことはない!”ってワケのわからない仰っていましたっけ・・・

メニュー偽装 「誤表示」の強弁は通らない - http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131025-OYT1T01283.htm

虚偽表示は7年以上に及び、約7万9000人に提供された。

 阪急阪神ホテルズは記者会見で、「メニュー表示と食材が合っているかどうか、チェックする意識が欠落していた」「従業員が(食材に関して)無知・無自覚だった」と釈明している。

 だが、一部の従業員は、料理の中身がメニュー表示と異なることを知りながら、「問題ないと思った」と話している。故意に偽装していたという疑いは拭えまい。

 虚偽表示の例は、次のようなものだ。メニューには「芝エビと記載していたが、実際はバナメイエビだった。芝海老の仕入れ値が1キロ・グラム2500円なのに対し、バナメイエビは1400円だ。

 「九条ねぎ」とうたっていたものは、普通の青ねぎ、白ねぎだった。普通のねぎの仕入れ値は1キロ・グラム800円で、九条ねぎの2000円より格段に安い。

 「不当に利益を上げる意図はなかった」というホテル側の主張は、額面通りに受け取れない。名の通ったホテルでコンプライアンス(法令順守)機能が働かない実態に、あきれるばかりだ。

 ホテル側は、景品表示法(優良誤認)に違反する恐れがあるとして、消費者庁に報告した。森消費者相は「厳正に対処したい」と語った。徹底調査を求めたい。

 東京のプリンスホテルでも6月に、チリ産ローストビーフを「国産牛肉」と表示していたことが明らかになった。

 これを契機に、阪急阪神ホテルズが系列のホテルを調べた結果、今回の問題が発覚した。

 ホテルの生命線は、サービスの質だ。利用客は、館内のレストランで、良質の食材を使ったうまい料理に見合う料金を支払う。

 阪急阪神ホテルズの行為は、長年かけて築いてきたブランドイメージを自ら傷つけるものだ。

 食品を巡る偽装行為は後を絶たない。2007年には、大阪市の高級料亭で牛肉の産地偽装が発覚した。食材の使い回しなども判明し、廃業に追い込まれた。

 阪急阪神ホテルズは客に代金を返す意向だ。返金額は最大で約1億1000万円に上るという。

偽装の代償は大きい。信用を取り戻すのは容易でない。食品関係者は、人ごとではなかろう。

大体、記者会見で社長が謝らずに言い訳するのが誤り!せっかくの謝罪会見が台無しです。素直にごめんなさいって言えばまた泊まろうかと思うのにー 信用の失墜は止まろうハズもなく、今後関西での出張でこのホテルを使う選択肢は限りなくゼロに近づく・・・

なんちゃって愛護団体の言い訳のような開き直りでは、せっかくの伝統も”砂上の楼閣”なのであります。

でもって、他人事じゃない様で・・・

阪神阪急の食材偽装発覚で「うちにも来るぞ」慌てる厨房 名門リッツ大阪の“裏の顔” - http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131025/crm13102516000013-n1.htm

 贅(ぜい)の限りを尽くした内装、超一流の接客サービス…。世界に名だたる「リッツブランド」への信頼が大きく揺らぐ事態に発展した。「絶対うちにも(影響が)来るぞ」。食材をめぐる阪急阪神ホテルズの不祥事が発覚した直後、ザ・リッツ・カールトン大阪の厨房(ちゅうぼう)ではこんなやりとりが従業員の間で交わされていた。従業員の証言から浮かび上がるのは、一流ホテルの「裏の顔」。企業の危機管理に詳しい専門家は「世界有数のホテルでもモラルハザードが起きていたとは」とあきれている。

利益、利益、と利益の追求が人間を狂わせる・・・ とある愛護団体では、レスキューの際に”ボランティアでやってるんとちゃうで~”と言った本音がネットに残っている・・・ 正直なところは認めざるを得ないが、本末転倒で信義則上の信頼は皆無なのであります。

斯く言う私も”ヅラ”で偽装していると巷で言われておりますがー あくまでも偽表示でなのであります。家内の化粧など偽表示の最たるもの・・・ 家ですれ違った時、お客さんが来ていると勘違いして”いらっしゃいませ”って言ったコトが有りますからねー 

その後、私のヅラが強制的にはぎ取られたコトは言うまでもゴザイマセン・・・

台風&訴訟の他、怒りの家内にヅラを振り回される・・・

|

« 「コントロール」に「克服した!」・・・ 制御不能に挫折した! | トップページ | 愛護偽装2 »

偽装告知」カテゴリの記事

コメント

誤表記って言うより詐欺ですよね。
のら猫カメラマンは支援金詐欺をして言い訳ばかりです。

投稿: ねこじゃらし | 2013年11月 3日 (日) 16時43分

奥さんのお怒りが目に浮かぶようです。(笑)

投稿: ムクムク | 2013年10月27日 (日) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45317/58462628

この記事へのトラックバック一覧です: 誤表記なら偽装じゃないの!:

« 「コントロール」に「克服した!」・・・ 制御不能に挫折した! | トップページ | 愛護偽装2 »