« 愛護の活断層 | トップページ | 誤表記なら偽装じゃないの! »

2013年10月14日 (月)

「コントロール」に「克服した!」・・・ 制御不能に挫折した!

加害者側が、いつの間にか”被害者の立場でモノを言う”という愛誤団体の常套手段を国の代表が慢性使用する現実・・・

水俣病「過去の問題でない」=安倍首相の克服発言釈明―菅官房長官 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000094-jij-pol

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、安倍晋三首相が水俣条約に関する外交会議に寄せたビデオメッセージで水銀の被害を「克服」と表現し、水俣病患者らが反発しているとされることについて「水俣病に倒れた方々に哀悼の意を表し、現在闘病を続けている方に心からお見舞いを申し上げると首相は述べている。過去の問題だとは全く考えていない」と釈明した。

オリンピックの時の”コントロール”発言はさすがにフォローした官房長官も、これにはマイッタっちゅーコトなのでしょう。 水俣病を「克服した!」という他人事のような発言でココロが痛い痛い・・・ 汚染水はコントロールしている-と言ってオリンピック招致に成功したと胸を張られますがー ウソをついてまで参加するコトに意義が有るのかクーベルタン男爵に聞いてみたい! 異議の間違いじゃないかと・・・

汚染水タンク近くの井戸 トリチウム濃度の上昇止まらず - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131013-00010003-minyu-l07

 東京電力福島第1原発の地上タンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は12日、汚染水約300トンが漏れたタンクの近くに掘った観測用井戸の地下水から、放射性トリチウム(三重水素)が1リットル当たり32万ベクレル検出されたと発表した。漏えいタンク周辺の地下水では過去最高値で、この井戸のトリチウム濃度の上昇傾向に歯止めがかからない状況だ。
 水は10日に採取した。6日採取分で1リットル当たり23万ベクレルを検出して以降、8日採取分は同26万ベクレル、9日採取分は同28万ベクレルと上昇し続けている。原因について、東電は依然として「不明」とし、周辺の井戸を含め監視を続け原因を特定したい意向。井戸は漏えいタンクから北に約20メートルの場所にある。
 また、同原発港湾口で11日に採取した海水から1リットル当たりセシウム134が2.7ベクレル、セシウム137が7.3ベクレルそれぞれ検出された。いずれも6月以降で最も高い値。

世論はコントロールできても、ココロまで動かすコトはデキマセン!その前に警察に動いてもらわんと・・・

汚染水問題、県警が捜査へ=市民団体の告発受理-福島第1 - http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013101100922

 東京電力福島第1原発の放射能汚染水漏れ問題で、福島県の市民団体は11日、「県警に公害罪法違反容疑で提出した東電に対する告発状が受理された」と発表した。
 団体代表の武藤類子さんは、県警で受理の報告を受けた後に記者会見し、「汚染水問題は日々、深刻化している。一刻も早く、東電本社への強制捜査をしてほしい」と述べた。県警の捜査については、「警察は本当に勉強している。前向きな姿勢に期待している」と話した。(2013/10/11-19:49)

もうごまかし切れないレベルまでウソが溢れている・・・ そして、末期症状・・・

賠償を打ち切り、福島第一から人も消える - http://einstein2011.blog.fc2.com/

「新事業の開拓」だと。
資金繰りが一杯一杯の最中、開拓の資金をどこから調達すると言うのだ!
国から何兆円も融資されている東電に、個人事業主の苦悩が理解できる筈もないだろう。

更に、原発事故収束作業員は賃金が下げられ、福島第一は2日に一回のペースで事故!
大事故招きかねない人手不足。

ヅラで見た目をコントロールしても季節の変わり目の抜け毛にはかなわない・・・

    抜け毛でヅラを作ろうとするが、余りに多くて挫折・・・

|

« 愛護の活断層 | トップページ | 誤表記なら偽装じゃないの! »

残念な出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45317/58378261

この記事へのトラックバック一覧です: 「コントロール」に「克服した!」・・・ 制御不能に挫折した!:

« 愛護の活断層 | トップページ | 誤表記なら偽装じゃないの! »