« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

愛護の活断層

時間と共に亀裂・軋轢・不正は海に流れる放射能の様に希釈される・・・

目新しい情報に振り回され、真実も希釈・・・

活動を正当化するタメのパフォーマンスにココロ揺り動かされる愛護若葉マークの方々よ お願いだから愛誤ウイルスをまき散らすのはヤメテおくれ・・・

またぞろ、近所で猫の餌やり夫婦が登場です!

過去、同様の案件を町内会の猫の額ほどの後ろ盾の中で、猫の異常発生防止&カラスのゴミ集積所の襲撃阻止&素人猫ブリーダーの安易なマンチカン販売業務停止&その夫婦の子息の保証人受理などなど諸々の”おもてなし”を強要された私にまた発動命令が駅前の居酒屋での会合で決定されたと言う・・・・

訴訟を抱える身に新たな欠席裁判(即時結審)なのであります・・・

私の意見は、日本の一部の法律や近所の井戸端会議でも受け容れられない模様です。

小説の様に”百倍返しだー” って叫んでみたいモノでアリマスガー 

事実は小説よりも奇なり・・・

田中龍作ジャーナル ”「新○県知事、逮捕」 現職官僚・告発小説のリアル” - http://tanakaryusaku.jp/

 この小説にも佐藤栄佐久・前福島県知事の逮捕劇が出てくる。実弟の不正土地取引に絡んだとされ、栄佐久氏は収賄の疑いで検察庁に逮捕される。収賄額はゼロ円という摩訶不思議な汚職事件だった。

 福島原発のプルサーマル計画に反対していた栄佐久知事は、東電の事故隠しにも敢然とした態度で臨んだ。それゆえ小説では関東電力(東電がモデル)が実弟の不正土地取引を仕込んでいる。

 伊豆田清彦知事も佐藤栄佐久知事も、踏んではならない東電という虎の尾を踏んだのである。

   ~原発をテロリストが襲った~

 権限を引き継いだ副知事は新崎原発の再稼働を認める。だが大雪の日、テロリストが高圧送電線を吊った鉄塔をダイナマイトで破壊する。新崎原発は電源を喪失した。

 外部電源車が置かれている高台には大雪のため近づけない。新規制基準では「外部電源車を各原発に配置すること」とした以上、ヘリで電源車を運ぶ方策を別途講じているはずもなかった。海から運ぼうにも大シケで岸壁に近づけない。

 原発は あれよあれよ という間にメルトダウンした。格納容器の圧力は高まる。格納容器の爆発を避けるにはベントする他ない。ベントが始まり住民は逃げ惑う…

  発電所内は そこそこ の警備体制が敷かれているが、送電鉄塔がある場所は無防備だ。新規制基準はテロリストの襲撃を想定していない。全電源を喪失した場合、復水器で冷やせるのはわずか数時間である。メルトダウンは簡単に起こりうる。住民の被曝は避けられないのだ。

 「(新)規制基準は安全基準ではない」。新潟県の泉田裕彦知事は繰り返し言う。だが政府も東電も泉田知事の警告に耳を貸そうとしない。

勇気ある現職知事をフォローするのは報道の可視化のみと言うマスコミの幼稚なテクニックに、欧州サッカーと日本のサッカー程の活断層を見出すのは私だけではナイと思うのであります・・・ 何故、レアルはエジルを放出してしまったのか!?ナゼ、猿の惑星のようなメイキャップのガレス・ベイルを130億円も払って移籍させたのか!? 

映画の撮影でもするのでしょうか・・・

クラシコ前にもその真実は明らかになるでしょう・・・

で、消える私の意見とは裏腹に復活したのはー

このサイト・・・

動物愛護団体と詐欺 - http://pandora.pmk.cc/index.html

良かったであります!何が有ったのかは存じ上げませんがー 突然の削除は、ハシゴを途中で外された感がアリ、警察への提出資料にも信憑性を事欠くのでありますよー

彩姉さんも過去の活断層を消そうと記事を削除されましたがー 上記のサイトに足跡がキッチリ残っていますからね~ 京都府にアニマルポリスの設置を勧奨する意味でも致し方の無い判断かもしれませんがー レッテルは残るのであります。

いくら芸能活動で多忙とはいえ、多数の方々からの指摘や意見を聞いているはずです。
そんな言葉には一切耳を傾けず、一方的に擁護する。芸能人としての

影響力というものを理解しているとは、語ってますが眉唾ものと言えます。

最高裁判所の判決については、語っておりませんが、事実無根であれば、
この判決は出るはずがありません。事実に基づいて判決が出たのですから
その事をもう少し考えて発言するべきです。

関連して、

小森純 半年ぶりにテレビ復帰「きょうは悪目立ちしないように」 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000113-spnannex-ent

午後9時半すぎ、番組全体が食事休憩に。総勢180人の有名人が入り交じる模様をマツコ・デラックス(40)と司会の島崎和歌子(40)が特別ブースから副音声で実況。しばらくすると、そこに司会の今田耕司(47)も参加。

 「本編だと(小森に)触りづらいでしょ。ここがチャンスだよ」とマツコ。今田は「ちょっと横の違うチーム(奥さまタレント)に熊田曜子ちゃんもおるから、同じチームじゃなくていいんかなと思ったり」と“爆弾発言”。

 すると、小森もブースに呼ばれ「うち、きょうは悪目立ちしないように」と語り「本当にいろいろすみませんでした」と頭を下げた。これはテレビ画面左隅のワイプに映った。

 その後、午後10時すぎ、ビートたけし(66)が出題者として乱入。今田に「生放送ですから、いらんこと言うたらダメですよ」とクギを刺されたが、たけしは「きょうはペニーオークションが…」と言い掛け、場内は騒然。小森の姿が一瞬カメラに抜かれ、島崎は「カメラさん、映しちゃダメ」。今田は「半年ぶりのテレビですから」、島崎も「頑張ってますから」となだめた。

ビートたけし すれすれギャグ連発「客席に板東さんはいないのか」 - http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/02/06/kiji/K20130206005138920.html

ゼネラルマネジャーを務めるたけしは「1回目も驚いたけど、2回目をやるということはそれを上回ること」と期待十分。優勝者が賞金を総取りするシステムについて、説明を受けると「ほしのあきのやってたなんとかオークションみたい」と“らしい”一言。さらに「客席に板東(英二)さんはいないのか」とブラックジョークを重ねた。

 総合司会の今田耕司(46)は「誰も泣きません、謝罪もしません、断罪もされません、丸刈りにもなりません」とヤケ気味に叫んで、笑いを誘った。

アブなすぎる!披露宴にたけし乱入「黒い交際断ってまいりました」 - http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/03/kiji/K20111003001745690.html

約700人が集まった祝宴の中盤、会場後方の扉から羽織はかま姿のたけしが登場。大股で新郎新婦が並ぶ壇上に歩み寄り、懐から巻紙を取り出すと「出席するために営業、イベント、または“黒い交際”を断って参りました」と、いきなりブラックジョーク。「親が三平師匠というだけで名跡を継ぐだけならまだしも、こんなきれいな嫁さんをもらうとは」と続けた。

今後一ヶ月、ニャンコの餌の不法投棄回収に尽力致しますがー 盗人扱いされるのも覚悟せねばならず、図らずもまた犯罪者の汚名を頭に被って生き続けなければなりません・・・

みくまり峡勝手地域猫番外編~「野良猫がいるから餌をやる」のではない。「餌をやるから野良猫がいる」のだ - http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

 「鶏が先か卵が先か」という言葉があります。「野良猫がいるから餌をやる」のか、「餌をやるから野良猫がいるのか」(「野良猫がいる」とは、異常に多数が集中して被害を及ぼす状態という意味です)。よく愛誤は、「野良猫がいるから餌をやらなくてはならない。餌をやらなければ死んでしまうから、餌をやらないのは動物愛護管理法違反だ。野良猫が存在するのは、捨てる人がいるから」と詭弁を言います。
 しかしそれは間違いです。「餌をやるから野良猫が集中し、異常繁殖し、被害を及ぼす」のです。

説明・説得は裁判以上に骨が折れる・・・

         脱毛が先かヅラが先か思い出せない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

さすが船井さん!

船井総研の創設者であっても勇気が必要だったでしょう・・・

船井幸雄.com 「今知らせたいこと、言いたいこと」 ”2020年 東京オリンピックは不可能(?)” - http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

 いま日本中が2020年の東京オリンピックで湧いています。
 それには、いま世界中で時の人になりつつある安倍晋三首相の働き(?)がおおいにあったのです。
 私はテレビで、はっきり見、そして聞いたのですが、オリンピック委員の1人から「放射能汚染は大丈夫ですか?」という質問が彼に出てきました。
 それに対し、その場で安倍首相は「状況はいまも完全にコントロール下にある。健康被害はない。汚染は外に洩れていない。これは私が断言する」と言ってしまいました。
 私は幸か不幸か、理科系の人間です。未来のことははっきりとはだれにも断定できませんが、このくらいのことを言うのは、常識的には、首相の言とは思えません。多分、2020年までは、それは99%以上は不可能だろうと思えるからです。
 ウソをついて、しかもこのウソは世界中のマスコミがほとんど知っている中で、日本にオリンピックを持ってきた……というのは首相のすることとして、はたして正しいのでしょうか(?)絶対にまちがいです。
 政治家はウソをついてもいいものでしょうか? そんなことはありません。
 これは、とんでもないことになると、あの時に思いました。
 技術発展のスピードがどんなにすごくとも、チェルノブイリの例を見ても、放射能汚染はそんなにカンタンに止められるものではないと思えますし、現にいまは手のうちようがない状態なのです。
 福島第一原発から東京までわずか250km、こんな危険なところ(?)へ世界中から人々に来てもらおうというのです。考えてみれば、10中8~9は、いまの状態ではこれは不可能だと思うのです。
 すでに世界中のマスメディアが、さわぎはじめています。これに気づかない安倍首相や安倍内閣、日本の官僚たちも困った人たちです。

 結局どうなるのか?
 2020年、東京オリンピックはやめざるをえなくなるのではないでしょうか?
 いまの日本のトップ層にいる人は安倍首相の方だけしか見ていないようです。しかもその人を超有能な人と思っているようにも思えます。それに、その首相が、世間常識では平気で「ええかげんなこと」を言う人のようですね。これは困ったものです。というより言語道断です。
 私はこんな文章はきょうは書きたくないのです。だれかそのうち、日本人も気がついて書くでしょう。
 しかし少しでも書いておかないと、しかも一刻も早く発表しておかないと、日本にとって取り返しがつかなくなると思って、あえて重いペンを持ちました。
 この安倍内閣の支持率が高い。いま日本人の多くの人は安倍首相にたよっているようです。
 しかし、今度のようなウソを平気でいう人であることも多くの日本人なら気がつきました。彼を万能の人と思っているのでしょうか?
 その場ごかしでは、これからは政治も経済も動きません。人から信用されません。
 オリンピックで、浮かれている場合ではないと私は思います。しかも彼はもっとも大事なところで、もっとも大事なウソを平気でつけるのですから、ごまかしようがありません。

 日本人よ、もっと地に足をつけて生きましょう。
 日本人は優秀です。アタマもよいし、よく働きます。どこでも安全、安心できます。
 平和なよい国民です。信義も重んじるし、礼儀正しい人たちです。
 しかし安倍首相は万能で、言ったことが全部実現するような超人とは、私にはとうてい思えません。
 その点、少し考えて国民全体が冷静になるべきでしょう。
 ここでもう一度、事態をゆっくり冷静に考えてみましょう。それは日本の放射能調査の現在の責任者の、科学技術面の第一人者の田中俊一委員長が、いまの状態を「むつかしい」と述べていることでよく分ります。
 この点では、安倍首相はオリンピック委員の前で大ウソを吐いたことになります。
 万が一、2020年にこの放射能問題が解決したとしても、あの時点での大ウソは、首相という立場と、時の人であることを考えると何とも言い訳ができません。もう言ってしまったのです。
 というようなことで、このことを日本国民は100%知っていると言っていいはずですし、これから世界的に知られていくことですから、常識的には「安倍首相は、目先だけを考えていい加減なことを言う人で、平気でウソも言う人だ」となります。
 しかも首都圏は福島第一原発から近いのです。ここに何千万人もの日本人が住んでいますが、これらの人々に国として今後、どう対処するかも考えねばなりません。いまの段階では、とうていこのようなところへ世界中から多くの人をオリンピックだと言って呼ぶことは常識的には不可能だと考えておいた方がよいと思うのです。
 2020年までは後7年しかないのです。ここは日本人が冷静になって常識にしたがって考える方がよいし、行動の準備をするべきだと私はあえて言いたいのですが、私の言はまちがいでしょうか?
 安倍首相が超人で、「何でも彼の言うようになる」などというたわごとはこの辺で日本人全体も、「アタマのよい常識人」として考えるのをやめるべきではないでしょうか?
この辺で、私のこの文章の重いペンを置くことにします。
 日本人は平和好きで、すばらしいアタマのよい国民ですから、ちょっと冷静になれば、私がいいかげんなことで、こんな書きたくないことを書いているのではないことにお気づきになるでしょう。
 ともかく「2020年 東京オリンピック中止」というのは大変なことです。
 が、いまは浮かれて喜んでいるような状態ではないこともたしかです。
 しかも、時の人の安倍首相が、これには大きくからんでいるのです。ここでの私の言が危惧で終ることを期待し、私の警告をこれで終ろうと思います。
 責任ある日本の首相であるべき安倍首相は、今後はどんなことであれ、ウソを言ってはなりません。
 特に時と場合を考えて、慎重の上にも慎重に行動してもらうべきです。
 と言っても、もうおそすぎるような気がしますが、あえて安倍首相にも今後のこともあり、忠告をしておきたいように思います。
 どうぞ日本人の皆さん、冷静にお考えください。

”ウソをついてでも・・・” 我欲を通す姿勢が問題なのです。巷のブラック動物愛護団体が毎度の様に呼吸するようにウソをつくのとはウソが違います。

重い文章ですから削除要請も半端じゃないでしょうが、船井さんクラスになると要請する側も命懸けでしょう・・・ 

それにつけても動物愛護団体の抱える個人的訴訟の数は如何程に上るのでありましょうか・・・

都合の良くない話に”名誉棄損”で蓋をすると言うのが、パブロフの犬の如くなのであります。つい最近の出来事でアリマスガー 私もよく参考にさせて頂いていた「動物愛護団体と詐欺」というページが跡形もなく消えております・・・

詳しくは申しませんが、想像に難くないのであります。

削除されちゃうと引用したサイトはハシゴを外された感が漂います。

例えば・・・

バカ犬のひとり言 - http://blog.goo.ne.jp/parusara/e/bf37f73948a2d95b32b0c7fa385fcb9b

多くの忠告コメントを頂き
正直、本当は詐欺団体なのか?と疑問を持ちはじめていたのは事実です。
しかし、杉本彩さんのブログで
事務所の名前の売れていない俳優さんが
命のリレー隊と一緒に保護活動をしている、
といった記事がありました。
自衛隊の方々も協力してくださってるそうです


http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-10836185267.html

それでもまだ疑問に感じている方もいらっしゃると思います。
それは仕方がありません。
個人個人の考えを変えるつもりもありません。

”私は自分のブログにウソは書きません!”と仰った方のブログの記事を引用したのに、その記事が消された日にゃあー じぇじぇじぇのじぇ~ なのであります。

で、

「あまちゃん」が来週で終わってしまいます・・・ 寂しいですね~

寂しいと言えば・・・

防護服名札に「安部」総理 怒る自民…東電体質批判 - http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20130921092.html

 安倍晋三首相が東京電力福島第1原発を視察した際、東電が準備した防護服の名札に「安倍」ではなく「安部」と印字されるミスがあり、20日の自民党会合で東電批判が飛び出した。

 「作業着の字を間違った画像がネットを含めて海外に発信されている。笑い事ではない。こんなことでは、東電が悪いというだけでは済まない」

 党資源・エネルギー戦略調査会の会合で、会長の山本拓衆院議員はこう追及した。また、「この間違いが全てを表している」と、東電や経済産業省資源エネルギー庁の体質を批判した。

 首相は19日の視察で名前の間違いに気付き、自ら防護服からシール式の名札をはがしていた。

間違った名札を付けた東電の配慮が自民党には届かないのでしょうね~ 先週、東電のフェローが、「汚染水はコントロールできてない・・・」と言った発言の意趣返しでしょうか・・・ 世界に向けて配信された原発視察のニュースですから、東電はきっと首相が”防護服を脱ぐ”というパフォーマンスを演出してくれたワケですが、思いが届かなかった模様です。

いくら止めてもムダ! 汚染水「拡大再生産」という絶望 - http://gendai.net/articles/view/syakai/144614

 福島原発でいま、何が起こっているのか。安倍首相はIOC総会で、「状況はコントロールされている」「港湾内に完全にブロックされている」と大見えを切ったが、ドイツの公共放送「ZDF」は強烈だ。東アジア総局長が何度も福島に足を運び、高濃度の汚染水が外洋に流れている可能性があることを指摘、「安倍首相はウソをついている」と断言した。そのうえで、「あそこまで総理大臣がIOC総会で言った以上は、これは国際公約になる。今後は国際社会からの監視の目が一層強化される」とリポートしたのだ。

 東京電力の山下和彦フェローも「今の状態は制御下にない」と発言、首相のウソを事実上、認めた。しかし、その後、東電が修正の記者会見をしたため、大騒ぎになった。

「東電サイドに、首相の発言について見解を聞いたところ、『答えられない』というので、それじゃあ、東電は国際会議で同じことを言えるのか、と聞いたところ、『そのような状況になっていないので、その際に考える』と逃げてしまった。つまり首相の発言を認めることはできないのです」(ジャーナリスト・横田一氏)

 東電は汚染水をためているタンク周辺にいくつかの観測用の井戸を掘っている。そこから、1リットル当たり17万ベクレルという放射性ストロンチウムが検出された。遺棄できる法令上の基準値は1リットル当たり30ベクレル以下だから、とてつもない値だ。

「井戸から検出されたということは、その周辺一帯が平均して汚染されていることを示しています。全然、放射能を制御できていないのですよ。断崖を30メートル削って建てた福島第1原発は、山側から海へ向かって大量の地下水が流れ込む。この地下水に原子炉建屋はさらされている。しかし、そこにはメルトダウン(スルー)した放射性物質が存在している。そうした放射性物質に接触した高濃度汚染水があふれている。そこに地下水が流れ込み、汚染水が“拡大再生産”されるわけです。東電はそれが海に出ていかないようにくみ上げてはタンクにためていますが、その林立するタンク群からも汚染水が漏れて、周辺の地下水を汚染した。汚染水は側溝を通じて港湾外に漏れ出ている可能性も高い。ドイツの放送局が『ウソ』と断じたように、とても『コントロール下』とはいえません」(横田一氏=前出)

<こんなことをいつまで続けられるのか>

 福島第1原発では、地下水が原子炉建屋に流入して1日400トンの汚染水が出てしまう。ドラム缶2000本分である。それを地上タンクに移すのだが、海から見ると、そのタンク群が原発建屋の向こう側、広大な敷地に整然と並んでいる。それを見れば、誰もが絶望的になるはずだ。いつまで、こんなことを続けられるのか、と。

 しかも、タンクは急ごしらえで、耐久性がない。タンクが立っている場所も突貫工事で仕上げたもので、一部が傾いている可能性が指摘されている。

 今年8月、タンクからの汚染水漏れが発覚した際、東電は震え上がった。漏れていたのは3基だったが、タンクの老朽化、耐久性、地盤などが問題だとすれば、他のタンクからも次から次へと漏れ出すのは必至だからだ。

 放射能は閉じ込めるのが大原則。しかし、事態は2011年3月11日からまったく、好転していない。

ウソのツケは大きい・・・ ”私はヅラをしていない!”と言った人に対してウソがバレてしまうのが嫌で、言った人と言わなかった人の名簿を保持しているがー 未だに、この両者が来る会合に参加するのが億劫で仕方ない・・・

    ウソを突き通せると言うのはウソだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

世紀の対戦 メイウェザー対アルバレス しかし、凡戦・・・

台風の影響でWOWOWが突然見えなくなったりする・・・ とんでもないコトなのでありますよー 何のタメにこの日を長らく待ち焦がれたのか・・・ 昨年12月9日のパッキャオの敗北以来、私のボクシング魂はこの日に照準を合わせていたのでアリマス・・・

スピードのメイウェザーが若さのアルバレスに判定勝利=ボクシング - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130915-00000006-spnavi-fight

 114-114とドローが1人いたものの、116-112、117-111の判定2-0で、メイウェザーに軍配。ドローにはやや不満の表情を見せたメイウェザーだが、通算戦績45戦45勝(26KO)と無敗記録をまた伸ばした。

この試合でドローにするジャッジがいるのがIOCに匹敵するのでアリマスガー テクニック、スピード、戦術・・・ そりゃあ超一流でしょう・・・ しかーし、ツマラナイ・・・ 理由は、壁をこじ開けるために攻めようとしないから・・・

ディフェンステクニックを評価し手堅い道を選択する人には満足かもしれませんがー 恐れず勇気を持って立ち向かう姿勢を好む人にはガッカリな試合なのであります。

これが、パッキャオなら前にガンガン進むでしょうねー 打たれても蹴られても・・・ メイウェザーもハラを括って早目にパッキャオと試合するべきですね~ 

今日の試合のギャラは、メイウェザーが80億円・・・ アルバレスが10億円・・・ 世界160ヵ国に中継され、視聴者が15億人ですよー サッカーW杯以上の注目度なのであります。亀田3兄弟のボクシングとはボクシングが違います。で、今日の試合でドローを付けるジャッジがいるのが不公平極まりなくて、まるでパッキャオの試合の様にKOじゃないと勝てない状況にメイウェザーも追い込まれておりますよー 

今やメイウェザーの敗北を見るコトを期待しての動員です・・・ こうなるとココロがささくれ立ってしまうのであります。

ささくれ立つと言えば・・・

滝川クリステルさんの”お・も・て・な・し”・・・ 別に滝川クリステルさんに罪が有るのではゴザイマセンがーどうも聞いていると寒くなる・・・

滝クリのおもてなしスピーチ「左手のつぼみ」が効果大だった - http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130915-00000012-pseven-soci

  滝川クリステルさんのスピーチには3つの特徴があると思います。

1)ゆっくりのおもてなし、と普通の会話スピードのおもてなしと2回言ったこと。
2)1回目は手の動き(ジェスチャー)をつけたこと。
3)2回目は、手を合わせておがむような、お辞儀をしたこと。

手を合わせるならばー 原発のコトを考えなきゃ・・・

小出裕章氏「汚染水は制御不能。安倍首相の発言は恥知らずだ」 - http://gendai.net/articles/view/syakai/144541

<そんなに安全なら自分で現場に行けばいい>

――安倍首相のIOC総会での発言を聞いて、どう思われましたか?

「ほとほと呆れました。一体何を根拠にコントロールできていると言っているのでしょうか。冗談ではありません。福島原発は今、人類が初めて遭遇する困難に直面していて、想像を絶する状況が進行しているのです。そもそも、原発政策を推し進めてきた自民党政権は、原発を安全だと説明してきたが、安全神話は事故で崩れた。それなのに『コントロール』なんて、よく言えたもので、本当に恥知らずです。そこまで言い切るなら、安倍首相自らが福島原発に行って収束作業に当たればいいと思います」

福島第一元作業員の「遺言」詳報 東電、信用できない - https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006334811.shtml

 福島第一原発事故が起きたとき、1号機内部にいて、今年8月にがんで亡くなった元作業員の木下聡さん(65)の証言は次の通り。

 ‐事故当時の様子は

 あの日は午後から、1号機で定期検査のための足場を組む作業をしていた。1階には私と同僚の2人。4階に元請けと協力会社の4、5人がいた。

 最初の揺れはそれほどでもなかった。だが2回目はすごかった。床にはいつくばった。

 配管は昔のアンカーボルトを使っているから、揺すられると隙間ができる。ああ、危ないと思ったら案の定、無数の配管やケーブルのトレーが天井からばさばさ落ちてきた。落ちてくるなんてもんじゃない。当たらなかったのが不思議。

 4階にいた人たちは水が大量にゴーと襲ってきたと言っていた。それが使用済み燃料プールからなのか、非常用復水器が壊れたからなのか、そのときは分からなかった。

 皆で集合して、1号機から脱出した。地震が起きてどれぐらいだったかな。必死だったからはっきりしないけど、10分ぐらいじゃないかな。

 途中の様子も恐ろしかった。タンクはぼこぼこ倒れてるし、潮が引いていて、これは津波が来ると思った。沖のテトラポットがむきだしになっていた。敷地内にある元請けの事務所に戻り、装備品を返して、まとまった班から解散になった。

 正門を出た。いつもなら浜側の道を通るが、陥没していたから、山側の道を行った。あのまま浜の道を通っていたら、津波にやられとった。

 東電は「全電源喪失と地震の揺れは無関係」と言っているが、そんなのあり得ない。謙虚に検証する姿勢がないと、安全神話が復活する。

 そもそも、運転開始から40年になる1号機の老朽化はすごかった。重要器具は定期検査で交換するが、周辺の装置はそのままだ。追加、追加でどんどん配管を増やし、耐火構造にするために防火剤を塗りつけるから、重量は半端じゃなかった。設計基準を大幅に超えていたはずだ。

 建屋のコンクリートも相当劣化していた。インパクトドライバーを当てると分かる。ずぶずぶと刺さって、粉は真っ白。鉄筋をモルタルで塗り固めるときもクレーンで流し込むだけ。本来はバイブレーターを使うが、竹の棒で突っつくだけ。施工はひどいものだった。だから水素爆発で粉々に吹き飛んだ。

 ‐東電への思いは

 ずっと世話になったが、今は言っていることの半分も信用できない。事故後の対応については新聞をずっと切り抜いている。「4号機の建屋、問題なし」という記事があるが、そんなのうそっぱちだ。あれだけ揺れて「問題なし」だなんて。

 事故後の対応は全てメーカー任せだった。正常に作動していればメルトダウンを防げた可能性がある非常用復水器(緊急時に原子炉の蒸気で冷却)も、当直の社員は使い方を知らなかったって言うんだから。当直の人は、中央制御室の操作はできても、せっかくの冷却装置を使えない。訓練もしていなかったって言うんだから、恐ろしい話だ。現場にいた私らに明確な指示があれば、対応できたはずなのに。

 3月には仮設の配電盤にネズミが入って停電する事故があった。侵入を防ぐ初歩的な施工ができていない。熟練した作業員が線量オーバーで入れなくなっているから。今後も事故は起きるだろう。

 人生のほとんどを原発に捧げてきたのに、情けない。のんびり暮らそうとした途端、病気が分かった。体力は元気なときの10分の1になって、ペンも持てなくなった。

このような記事も読めなくなる可能性があります・・・

藤原紀香さんのブログ ”秘密保全法案って?” - http://www.norika.ne.jp/cgi-bin/spdiary-j.cgi?id=7&file=201309

みなさん、「秘密保全法」 って知っていましたか? 知らない人が多いので、今日はダイアリーに書いてみます♪

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO59415920X00C13A9EA1000/

これは以前、漁船衝突事件の映像を海上保安官がネットにアップして秘密漏洩した件などをきっかけに防止策として進んでいるものですが。。。

実は、日経や朝日など各新聞の社説でも、これがこのまま通ると大変なことになると書かれており、もしその可能性があるとしたら、国民の一人としていかがなものかと心配しています

秘密保全法案を、各所で読んでみたらその適用範囲が曖昧なので、
そのようなスパイ行為にあたるものだけでなく、国が‘この案件は国家機密である’と決めたことに関しては、国民には全く知らされないことになり、

放射能汚染、被爆などのことや、他に、もし国に都合よく隠したい問題があって、それが適用されれば、私たちは知るすべもなく、しかも真実をネットなどに書いた人は罰せられてしまう。。。なんて恐ろしいことになる可能性も考えられるというので、とても不安です(>_<)

もちろん、日本を陥れるべくスパイ行為を働いた輩には罰を与えるべきだと思うし、そのようなスパイ行為が起きないよう なんらかの法案が必要となるとは思います。
が、原発の問題や放射能の問題は、国民が知るべきことだと思うので、その国家機密にあたる範囲がどこまでなのか、曖昧なのが問題なのだと思います。

上記のURLの日経新聞の社説にも書いてありますが、「国の情報は公開が大原則のはず。」
そうですよね、国民は知る権利があると思います~

大好きな日本にずっとずっと住んでいたいし、いま一人一人が自分の声をあげないと、
秋の臨時国会にはこの法案がこのまま通ってしまうとのことで、これはきちんと国民の一人として意見しなければと調べましたら、

意見提出期限は9月17日(火)必着です。と電子政府の総合窓口に書いてありました。

こんなに大切な事柄なのに、たった2週間受け付けるパブリックコメントで、この法案を決めてしまうの?!
あと4日足らずなので、それぞれ、賛成、反対などの意見を書きましょう♪

この法案のこと、周りに聞いたら、知らない人が多くて。賛成するのも、反対するのも、こんな法案が秋から実施されることになっているんだよと、まずは‘知ること’が大事ですよね。
だから、皆さんに伝えるために書きました=(*^_^*) 賛成の人、反対の人、それぞれ、意見は政府へのパブリックコメントに書きましょう~。

意見を送る方は以下参照で、とのこと。政府のページから添付です。


↓次のいずれかで日本語にて提出してください。

1)電子メールの場合以下のメールアドレスに送信してください。

tokuteihimitu@cas.go.jp
※ 文字化け等を防ぐため、半角カナ、丸数字、特殊文字は使用しないでください。

(2) 郵送の場合以下の宛先に送付してください。
〒100-8968
東京都千代田区1-6-1
内閣官房内閣情報調査室「意見募集」係宛

(3) FAXの場合以下のFAX番号・宛先に送信してください。
03‐3592‐2307
内閣官房内閣情報調査室「意見募集」係宛   


ちなみに、「秘密保全法」ってなに?という方は、こちらのサイトをご覧ください。

日本弁護士連合会「秘密保全法とは?」

http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/about.html   

このまま施行されてしまうと、「日本の国土がどれくらい汚染されたのか明らかにしたい」ということさえ、タブーになってしまう可能性があるとのこと。

国が、これらを「特定秘密」に指定すれば、反対の声を挙げている人たちや、真実を知ろうとして民間で調査している人やマスコミ関係者などが逮捕されてしまう可能性があるって。。。日本は民主主義国家ではなくなってしまうのかな

放射能が地下水脈に接触しているというコトは一体どういうコトなのか・・・ でもってこのコトがあまり騒がれない・・・       某愛護団体の地元説明会の”糞尿は地下浸透にします!”と言う発言でさえ住民が”じぇじぇじぇ~”と大きく紛糾したのは、私が夢を見ていたのでありましょうかねー

東京電力 報道関係各位一斉メール 2013年 - http://www.tepco.co.jp/cc/press/index_ho-j.html

測定結果の数値が恐ろしいのでアリマスガー このように情報を溢れさせると一つ一つの怖さに不感症になってしまいます。算出根拠も不明な状況なのにマスコミは検証もせず情報を垂れ流す・・・

都合の良い情報だけに集約させようとする国の施策は、ブラック愛護の情報統制の構図と同じであります。個々に声を上げないと・・・

    パンチは出さなきゃ当たらない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

じぇじぇじぇ~ 「日本は絶対に安全です!」って・・・

浮かれすぎです!

7年後の話に明日の生活もままならない私にとってはじぇじぇじぇのじぇーなのであります。

たまたま欧州サッカーモードで目覚める私は、竹田招致委員会理事長の発言に驚いた。

「東京は、絶対に安全です!」

・・・

耳にタコの”絶対安全”宣言であります。でもって、”東京は”と言うくだりに、じゃー福島は?東北は?と画面に突っ込みを入れたのは私だけでは無い様な気がします。

そして、我らが安倍首相は、IOCの質問に対してこのように仰った・・・

「汚染水は、0.3km以内に完全にブロックされている。」と言い切った。また、健康についても「現在も未来も全く問題ない!」と断言しているではアーりませんか・・・・

日本の裏側のブエノスアイレスで叫ばずに日本国内で断言して頂きたいですね~

未来の可能性を担保に正当化するのは、7年前に杉本彩姉さんがひろしまドッグパークでAAに批判が高まった時に、

「これからのAAの活動を見て判断しましょうよ!」って疑惑を煙に巻いちゃったコトを思い出させてくれました。

哀しいかなその後のAAの活動は、皆様ご存知の通りなのでアリマスガー それでも震災直後に彩姉さんは異常に長い記事を投稿して擁護してましたよね~ 数々の反論も無視して彼らの主張の正当化に一役を担っておられましたがー どういうワケか、この春に完全に記事を消去してしまわれました・・・

あれだけ、芸能生活を懸ける程の擁護しておられたのに、急に姿勢が一転したのはじぇじぇじぇーなのでありますよー

オリンピック招致の件について、日本のメディアはキチンと伝えてくれるかじぇじぇじぇーなので、イギリスのBBCやドイツのシュピーゲルの発信をみて確認したいと思います。なので、東京でオリンピックが7年後に解されると言っても全然嬉しくもゴザイマセンよー 見れないかもしれないし・・・

とにかく、日本は世界に対してウソをつかぬようにしなければナリマセン!

”絶対に安全!”と”現在も未来も健康に問題はナイ!”の言葉は、生き続けます。日本のブラック愛護の様に”そんなこと言った覚えはない!”などという言い逃れは通用しません・・・ やるならヤルで我々小市民も世界に対して責任を背負わされましたからねー じぇじぇじぇーのJAPANでこの招致委員会の始末に参加することに意義を持たされてしまった日曜の朝なのであります。

20年東京五輪決定!東京60票、イスタンブール36票“圧勝”で悲願成就 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130907-00000082-dal-spo

 冒頭で高円宮妃久子さまが「IOCの支援は子どもたちに笑顔を、若い選手には希望を与えてくれた」などと、東日本大震災の復興支援への謝意を伝えられたことも、IOC委員の心を打った。

皇室までカードにしてしまうのは如何なモノか・・・ 私はこのオリンピックに価値が有るとは思えない。

   オリンピックの風評で風化が加速する・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

AA地元に帰る!

風化の波激しい昨今、今AAと言えば”天野アキ”ちゃんのコト・・・

主演映画封切りも震災の影響で5日間で打ち切り、主題歌も歌詞に”押しては返す波・・・”のフレーズでお蔵入り・・・ 厳しい現実の中、AAは地元に帰ります・・・

今週の”あまちゃん”は、いよいよ3.11の大震災の日を迎えたのでありました。ユイちゃんは、東京に向かう電車の中でその瞬間を迎えてしまいました。トコトン、ユイちゃんは東京に縁がない・・・

あまちゃんで震災のシーンが防災の日に放送されたことと宮藤官九郎の職業的倫理観について - http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishitanimasaki/20130903-00027796/

震災から、時間が経つと、最大の問題となってくるのが、記憶の風化問題です。その問題の解決方法のひとつとして、朝ドラという舞台を使った宮藤官九郎の心意気と勇気、これはいったいどういうものなんでしょう。

日本の巷では、2020年のオリンピックを東京で!とキャンペーンが華々しいワケではアリマスガー 世界の目は、汚染水の問題の方が重要でしょう!と言う真っ当な質問が集中。そりゃあそうでしょう、復興もままならない中アンタら何浮かれてんの!?が当たり前の声なのであります。

70億円も80億円も税金つぎ込んでのオリンピック招致活動・・・

意味ありますかね~

外国人記者の質問に応えて、「福島と東京は250kmも離れているので安全です!」って言いきっちゃったお方がおられますがー 狭い日本で考えれば離れていると思うでしょうが、ロシアやアメリカ、アフリカ諸国にしたら250kmなら隣町の感覚ではないでしょうか!?

この感覚のズレを認識する努力勇気が必要です。

マスコミの東京オリンピック招致出来たら嬉しいねキャンペーンは、原発被害を歪曲する役目を果たしているコトに気付かないとイケマセン!

このオリンピック招致活動が無ければ、現政府は汚染水の問題を先送りにしていたかもしれません。世界が日本に期待するのは、”フクシマオリンピック”の開催でしょう・・・ 被爆地でのオリンピック開催が放射能と共存する世界の現在と未来の懸け橋になると思うのですが・・・

五輪招致 いざ最終プレゼン、連日の報道「汚染水」不安払拭がカギ - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130907-00000512-san-soci

 こうした状況の中、猪瀬知事は「政府が責任を持って解決する姿勢を見せる」と述べ、安倍晋三首相が最終プレゼンテーションで対応策を説明する見通しを示した。最終プレゼンで日本側が具体的な対処計画を示し、IOC委員の不安を払拭することが招致を呼び込む最大の鍵となる。

”日本側が具体的な対処計画”・・・ 世界が注目する中で、安倍首相は必ずやこの計画を出してくれるのでしょう・・・ なんて考えるのは、私が”あまちゃん”なのかもしれません・・・

明日未明のオリンピック開始地がメッシが応援する”マドリッド”に決まると嬉しい土曜日なのであります。

   来週は、世紀の対決”メイウェザー対アルバレス”です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

ブラック愛護

お盆前に風邪をひいて(原因は家内が私の睡眠後に扇風機を私の身体に向け、風力を最大にした。おかげで私は夢の中で暴風雨の中、ヅラを押さえて逃げ回るコトに・・・)しまい、鼻がズルズルして止まらないので病院に行ったら再検査で肺にハゲじゃなくて影が有るっチュー話で、一騒動・・・ 安静にって言われても忙しい最中に休めるハズもなく、身体を騙しダマシきましたがー もう限界・・・

耳鼻咽喉科の先生は、大きなストレスを抱えていませんか?って仰るので、

「1100万円の請求訴訟を抱えています!」って言ったら、

「夏風邪から波及する病気は、気を付けないとね!」って完全にスルーされました・・・・

騙しダマシと言えばー

愛誤の活動のベクトルが、猫方面に拡大中ですね~ 某愛誤団体も”猫は金にならん”と当初専門外としてたのにいつの間にやら猫の手を借りるコトに・・・ そりゃあ、飼養に関してチェックされる度合いが犬とは桁違いですからねー 猫の自主性を尊重してのTNR・・・ 個人的には、猫の耳先をカットするのは可哀想なので尊重できませんがー これを良しとする方々が多いのが大いに疑問・・・

地域猫活動 - TNRとは - http://www42.tok2.com/home/nagisaneko/tnr.html

なんて、ベクトルをそっちへ持っていくとややこしくなるのでー 

巷で取沙汰されるブラック企業に習い、動物愛護業界にもこの評価基準を持ち込むのも得策なのではないでしょうか・・・

ブラック企業就職偏差値ランキング - http://ja.yourpedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%B0%B1%E8%81%B7%E5%81%8F%E5%B7%AE%E5%80%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

ランクに載っている企業は激務・薄給・超高ノルマ・体育会系・社風が異常・暴力・休み無し・異常な回数の転勤・クビ切り等、何らかの異常な体質がある離職率の高い会社である。

なお、『社員』にとって悪い企業であって、『社会』にとって悪い企業のことではない。後者は悪徳企業に分類される。

ブラック愛護<悪徳愛護 と言う不等式も成立しますねー 悪徳愛護と言えば言わずもがなの連中ではアリマスガー 訴訟のおかげで、この手の団体の情報が集約され手前味噌ながら動物愛護&愛誤団体の情報通に・・・ まあ、資料は全部警察に提出しますがー 徐々に情報発信してイキマス!

更新していないにも係わらずー 一定のアクセスが有るのは、気にナル方々は気にナルのかもシレマセンね!

ネコを室内飼いにしなければならない理由 - http://togetter.com/li/554849

外飼いなんか、もうそろそろ、やめよう。自分のこと責められてるみたいに感じるかもだけどさ。だんだんやめよう。迷子の猫、うちに帰れない猫、すごい、いるよ。みんなどこかに消えちゃってる。年間200や300の話じゃないんだよ。

写真撮って応募する余裕があるならばー 一匹家で大事に飼ってあげてくださいな~

    死なない程度に何とか生きてます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »