« 詭弁の代償 | トップページ | 今年はウナギを食べる勇気があるか!? »

2013年6月 8日 (土)

あえて晩節を汚さなくても・・・

慰安婦問題でニッチもサッチも行かなくなった大阪市長が、未だに自分は知事でアルと勘違いして八尾市のコトに口を挿む・・・ 八尾市長は大人ですから、上手く受け流すでしょうがー 逆だったら連日連夜マスコミに登場して”身の程知らずが~”とがなり立てるのでしょうねー

◆八尾は猛反発、米軍はノーサンキュー - http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8992.html

新型輸送機「オスプレイ」の訓練の一部を、八尾空港(大阪府八尾市)で受け入れるとブチ上げた橋下徹・大阪市長。維新の会の松井一郎・大阪府知事らと官邸に乗り込み、TVカメラに囲まれていたが、これほどフザけた男は見たことがない。

実現性は「ゼロ」で、ただのパフォーマンスなのである。

まず、八尾空港の滑走路は1490メートルで手狭。離発着するのはセスナと小型ヘリがほとんどだ。そもそもオスプレイのような中型機や大型機の受け入れを想定していないし、セスナとオスプレイは燃料が違うため、給油施設も新設しなければならない。格納庫の確保も困難だ。

おまけに空港周辺は住宅密集地。半径1キロに小・中学校が11校もある。墜落事故もこの5年間に数件発生していて、市民は口をそろえて「受け入れNO」と猛反対だ。

米軍にしたって、八尾空港でオスプレイの訓練をする気はまったくない。米軍はオスプレイの訓練先として沖縄の普天間のほかに、山口の岩国基地を確保している。新たな拠点をつくるなら東日本なのだ。

「米軍は本土全域でオスプレイの飛行訓練を行う計画です。岩国基地で四国―紀伊半島に設定された低空飛行経路『オレンジルート』をカバーできます。今、強化したいのは日本アルプスを抜けて東北の出羽山地に向かうルート。それには関東の横田基地あたりにオスプレイを受け入れてもらいたい。手狭で住宅密集地の八尾空港を“どうぞ”と差し出されても米軍にメリットはありません」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

政治評論家の伊藤達美氏がこう言う。
「橋下氏の唐突な受け入れ発言は、『慰安婦発言』と『風俗発言』から世間の目をそらしたいという一心から出た言葉でしょう。しかし、安全保障のパフォーマンス利用は政治家として絶対にやってはいけない禁じ手です。また、他の自治体に先駆けて受け入れを表明したことで、他の自治体の首長は“余計なことをしてくれた”と橋下氏に反感を抱いたはず。地方レベルで他党との選挙協力に支障が生じ、今度の選挙で維新の会はさらに逆風にさらされそうです」

私のように生まれついて低空飛行の人間は一切気にせずに済む話であっても、一時は日本の首相の話もあった御仁がー 免許取りたての初心者のような無謀運転・・・ 訓練が必要なのは誰なのかは犬猫でも明らかなのでは有りますがー そんなに晩節を汚さなくても良いのに・・・ と考えるのは私だけでしょうか!?

慰安婦問題を払拭するための風化作戦だとしたらお粗末すぎますねー

で、風化を期待する愛護団体は引きも切りませんがー つい先日の出来事を全く過去の出来事のように振る舞う厚顔には畏敬の念を抱かずにオレマセン・・・ 会計報告せずにNPO資格を剥奪されたオバサンに拘置所から偽りの輝きを失わない☆親子に最高裁の決定を無視する小粋なオッチャン・・・ 時間が経てばすべて解決すると高を括っておられるのでありましょうか・・・・

ひろしまDP原告の会BBS - http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi

 <愛犬家ら逆転勝訴/動物愛護団体に賠償命令 12/9産経新聞より>
 <犬のテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」(広島市)の閉園後、衰弱した多数の犬を救助するにあたり、
動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」(現エンジェルズ、滋賀県高島市)が
集めた募金や物資の使途が不明だとして、寄付した愛犬家ら15
人が募金の返還や慰謝料など
計約400万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が9日、大阪高裁であった。
前坂光雄裁判長は原告側の請求を退けた1審大阪地裁判決を変更、慰謝料約47万円の支払いを命じた。
判決で前坂裁判長は、目的をある程度限定して募金を集めた場合、
収支を正確に説明・報告すべき信義則上の義務がある、と判示。
アーク・エンジェルズ側は募金の一部が流用されたという疑問を払拭できておらず、慰謝料の支払い義務があるとした。
1審で原告側は、私的流用目的で募金を集めたと主張したが、敗訴した。前坂裁判長も流用目的は否定し、原告側の控訴そのものは棄却。
その上で控訴審での追加主張に基づき、信義則違反を認定した。>

流用そのものはなかなか立証しにくかったんでしょうね。
しかし限りなく「おまえ、やっとるやろう」というなかなか人情味のある判決である。(わらう

アホ庁こと社会保険庁の解体に至る不正疑惑も『ムーブ』が火をつけた。
柔道整復師の不正請求問題は『ムーブ』が潰されてもまだまだ火が広がっている。
前記の判決の場には『ムーブ』の名物ディレクターだったF君がいたそうだ。

涙が出てくる。ジャーナリスト魂とはそういうものだろう。
どれだけの番組を私は追われ、潰されてきたことか。
しかし正義や真実というものは必ずどこかで明らかになる。

天網恢恢疎にして漏らさず・・・ この頃、漏らすので大人用のオムツが手放せないが、オツムは何とか機能している。ヅラを先日のW杯出場決定の際に無くしたが、そんなことは回りの人は自分が思っているほど気にしてないと思う・・・ 

美容室でパーマをかける夢を見た・・・・

|

« 詭弁の代償 | トップページ | 今年はウナギを食べる勇気があるか!? »

不思議!」カテゴリの記事

コメント

うーむ、橋下氏が波風立ててますね。政治家としては目立ちすぎですしかなりの抵抗勢力?というか反発する人も多いみたいですね。
うーむ、タレント性は抜群だから政治家に向いてるというよりは、弁護士兼テレビコメンテーターが橋下氏には似合ってるんでしょうか、、w

大橋巨泉さんみたいにスパっと政界引退とかして、テレビ界でズバッと評論して頂くほうが視聴者受けはいいかも知れませんね。

投稿: 嘘つきAA | 2013年6月 8日 (土) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45317/57547709

この記事へのトラックバック一覧です: あえて晩節を汚さなくても・・・:

« 詭弁の代償 | トップページ | 今年はウナギを食べる勇気があるか!? »