« 「愛誤から愛誤」に感染 | トップページ | 「お礼参り」は、愛誤の帰巣本能! »

2013年4月20日 (土)

動物愛護は人間愛護! 愛誤のパンデミック! ミサイルは何処へ行った!

ひょっとしたら!? と思った時は、時すでに遅し・・・

<鳥インフルエンザ>「大流行、否定できぬ」 感染研がリスク評価 - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130420-00000002-maiall-env

国立感染症研究所は19日、中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染が広がっている問題について、初めてのリスク評価を公表した。今回のウイルスは「ヒトへの適応性を高めている。パンデミック(大流行)を起こす可能性は否定できない」とまとめた。今後、厚生労働省などとともに、国内患者発生に備えた診療指針の作成を進める。

感染者数は計83人、うち死者数は17人となった。って中国当局は申されますがー この発信に信憑性が無いワケでありますから、疑って掛かるのが当然の危機管理!可哀想なのは鶏や北京ダックなのであります。

日本の愛護活動も情報発信に信憑性のカケラもないワケであります。だからこんなコトに・・・

ホシが保釈・・・ https://www.facebook.com/fukushimaanimal

皆様へお知らせ:昨日、星親子の「保釈」が決定されました。これは喜ばしいことです。皆様の寄付の一部をこの保釈金に使用させていただきます。後ほど詳しい報告を致します。(保釈金は、星 広志250万・星礼雄200万+手数料10万=計460万円ですが、このうち、400万円は、保証協会からの借り入れですー判決後に返還)。(小西さんより)。

Announcement for everyone: Yesterday HOSHI and LEO are allowed to be bail out. This is good news. We would like to use some of your donation for the bail out and we will report details later for the budget. (The bail out money is Hiroshi HOSHI 2.5 million yens, LEO 2 million yens and process fee 100,000 yens. We will borrow 4 million yens from the bail out funds and we will return them to the fund after the decision). This is from Makoto Konishi san.

保釈決定は喜ばしいコトでしょう・・・ しかーし、”寄付金を保釈金に使わせてもらいます&ちょっと足らないんで寄付してください!”っチューのは如何なモノか・・・

でもって、保証協会の借り入れです!って言われますがー 保証協会は、保証はするけどお金は貸してくませんよ~ 「保証協会」と言う名の金融会社が存在するのでしたら私の勘違いではアリマスガ・・・・

愛誤の世界では、動物愛護の中の動物に当然の如く人間も含まれておりますからー 正々堂々お金をちょーだいって仰いますが~ 世間一般では、赤面モノですからねー インフルに感染して熱が有るんじゃないかと疑われてしまうワケですが、愛誤界ではこれが臆面もなく通ってしまうのであります。

狭い世間の話であります!

ついでに・・・

犬好き以外はあまり知らない犬に関するトリビア - http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130302-00000036-cobs

あの偉人、ヘレン・ケラーさんが秋田犬愛好者だったのを知っていますか? 1937年(昭和12年)に来日していたヘレンさんに「神風号」という秋田犬が贈られました。この神風号は、初めてアメリカの土を踏んだ秋田犬です。

久しぶりの休日なのに寒くて外に出られません!無風なのに・・・

最後に、ジワジワと来てますよ・・・

年間20ミリ被曝する子どもにはもれなく図書券1万円プレゼント! - http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7062440.html

年間20ミリシーベルトの被曝リスクが図書券1万円分は安すぎます。

検査する側はホールボディーカウンタの検出限界が尿検査よりも50〜60倍高く、「不検出」になるケースが多いということを知っているのです。

つまり,
この検査結果のような「不検出が多かったから安全」という安全デマに使うデータ収集のために,モルモットにさせようというのです。

子どもへの仕打ちとしては余にも酷過ぎます。

費用は税金から・・・ 瓦礫の処理の検討をしただけで数億が自治体に流れる仕組みを作る国では、犬も人間も同じくらいの寿命と考えるのが民主主義とされている。

世間ではミサイルのコトを忘れてGWの話題で盛り上がる・・・

|

« 「愛誤から愛誤」に感染 | トップページ | 「お礼参り」は、愛誤の帰巣本能! »

残念な出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45317/57210897

この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護は人間愛護! 愛誤のパンデミック! ミサイルは何処へ行った!:

« 「愛誤から愛誤」に感染 | トップページ | 「お礼参り」は、愛誤の帰巣本能! »